着物の買い取りをおすすめします。はたして買取価格は?

着物の処分に困っていませんか? リサイクルショップに持って行ってもタダ同然になってしまうし、かといって捨ててしまうのはあまりにもったいないですよね。 たった今買い取り業者がお帰りになりました。 古い着物7点の買い取り価格ははたしていくらだったでしょう??

スポンサーリンク

着物を買い取ってもらった手順あれこれ

 

こんばんは ミオレナです。

知り合いの年配女性から古い着物を7点いただきました。

私は着物は着ませんが『古い物』は大好きなのです。

手作り・リメイクも大大大好きです☆

もし魅力的な着物があったら再利用して何かを作ろうと思ってました。

残念ながら今回いただいた着物はいずれも地味~な柄であり好みに合いません。

さてどうしたものかと考えた挙句、買い取ってもらうことにしました。

いただいた女性からはあらかじめ「あなたの好きにしていいわよ」と言われてたので。

 

さっそくネットで検索すると高価買い取りを謳う業者が上位を占めてます。

たくさんの買い取り業者の中でも良心的で、なおかつレビューの良い東京のA社を直感的に選びました。

さっそくフリーダイヤルに電話すると丁寧なオペレーター女性の応対。丁寧すぎて逆に”怖い?”と思ってしまった((((;゚Д゚))))

 

買い取ってもらいたいものをザッと説明し、査定に来てもらう日程を決めました。

『査定に来てもらう』と書きましたが、さすがに初めての業者が我が家に来ることにはちょっと抵抗があったので「こちらから伺うことはいけませんか?」と尋ねました。

業者の回答は「〇〇県内に一応店舗はあるのですが、スタッフは常時出払ってるので基本的には出張査定させていただいてます」とのこと。

ですのでやむを得ず住所を伝えました。

 

買い取り業者Aは本日2016年8月29日の夕方来ました。若い男性です。

査定の前に承諾書にサインをしました。

承諾書の内容は以下のとおりです。

1. 承諾した品種(着物・切手・毛皮・宝石・アクセサリー・お酒・洋服・骨董品・時計・金券)の確認

2. 商品量が多いときは査定時間が長くなること

3. 20時以降のアポイントとなった場合でも訪問してよいかどうか

この時点で、よくある個別訪問買い取り業者とは比べられないほどしっかりしてるなと思いました。

 

買い取り業者に査定してもらった着物の柄

 

◆ かなり古い普段着の着物5点+羽織2点 ↓

着物1-1 着物2 着物3

こんな感じの地味な柄のが羽織と合わせて7点です。

着物はそれぞれこのような畳紙(たとうがみ)に丁寧に包んでありました。

畳紙(たとうがみ)も要らなかったので一緒に引き取ってもらいたかったのですが、お店の個人情報が入ってるため断られてしまいました。

いずれの着物も持ち主のかたはほんのわずかしか袖を通したことがないらしく、状態良好できれいに保存してありました。

スポンサーリンク

買い取り業者に着物を高く買い取ってもらう条件とは

 

買い取り業者によると着物を高価買取してもらうには以下の条件を満たすほうがいいとのことです。

① 華やかな模様のある訪問着であること

② 作家物であること

③ 大島紬など伝統的なもの

たとえ色が地味めでも丈が165センチ以上の大きなサイズなら需要があるそうです。 外国人に好まれるからです。

上記3つの条件をクリアしてないと市場に出る値段は600円くらいになります。

証拠としてその場でオークションサイトを見せてくれました。

あまりの安さにビックリ仰天 ( ゚Д゚)

着物を購入するときは高くても、売るとホント二束三文になってしまうんですね~ モッタイナイ、モッタイナイ……👻

 

着物の買い取り価格ははたしていくらだったのか?

 

業者は査定のために着物1枚1枚をタブレットで撮影し、画像をその場で査定会社に送信していました。

結果が出るまで15分くらいあったので、ついでに家にある他の気になるモノも引っ張り出して無料査定してもらいました。

◆ 大正時代のガラス絵…….25年くらい前に骨董屋で10万円くらいで購入したものです。

→ 結果:裏面の但し書きと箱がなかったため残念ながら買い取り不可。

ただしガラス絵は将来的に値が上がる可能性が高くなりますよ、と嬉しいお言葉をいただきましたよ。

◆ 金の指輪…….いつどうやって手に入れたか記憶にないシロモノ。

→ 結果:刻印が読みとれなくなってるものの重量があるので5~6000円の値がつきました!

でもゴールドは手放したくなかったので売りませんでした。(業者はこれを一番欲しがっており、急に顔つきが変わったのです!)

 

そうこうしてるうちに着物の査定結果が出ました。

3点の羽織は残念ながら買い取り不可でした。よって4点の着物だけの査定です。

いくらだと思いますか?

なんと全部で1000円です!

もともと着物が知人からのいただきものだったから納得できるんですよね。

これが高いお金出して購入したものだとしたらはたして1000円で売ったかどうか……

 

すべての査定が終わると業者は『売買契約書』を取り出しました。

そして11個にもわたる細かい項目を読み上げながら私が用紙にチェックしました。

まるで生命保険の健康告知書みたいに(*´ω`)

この業者が良心的だなと思ったのが、クーリングオフを10日間設けてある点です。

後日もし気が変わって商品を返してほしくなったら返却に応じるそうです。

 

他にも書面や電話によって二重三重に確認された項目がありました。

 

高く売れる着物の条件まとめ

 

(着物の種類)

✅ 大島紬・結城紬・黄八丈・紅花紬・綾の手紬・郡上紬

✅ 加賀友禅・京友禅・東京友禅

✅ 芭蕉布・宮古上布・越後上布

✅ 久留米絣・千總

✅ 江戸小紋

など。

(着物の作家)

✅ 久保田一竹

✅ 羽田登喜男

✅ 由水十久

✅ 木村雨山

✅ 北村武資

✅ 龍村平蔵

✅ 古賀ふみ

など。

あなたのお家に不要品があるとき、面倒でも買い取り業者に依頼すると思いがけない値がつくかもしれないですよ。

今回のA社ははたして高価買取店といえるのか微妙ですが、調べてみたら全国にはたくさんありますね。

↓ 着物・切手・古銭だけでなく毛皮やお酒、骨とう品、金券など幅広く買い取るお馴染みの『バイセル』も便利そうですよ。


↓ こちらも高価買取を謳っています。2~3社比較されてはいかがでしょう。



↓ よければこちらもどうぞ

スポンサーリンク

ストレスを減らして楽~に生きたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ミオレナ

こんにちはミオレナです。 長野県在住の50代。本業は金融機関の営業です。 マニッシュな娘とふたり暮らし。 人の本質って年齢、性別、家柄、国籍、学歴、仕事、収入……とは関係ないところにあると思いませんか。 他人と比べてるうちはホントの意味で幸せになれない。 人に寄りかかってるうちは充実感は得られない。 なんというか全ては頭の中のこと。そして言動。 どうせ1回きりの人生なのだから自分の気持ちに忠実にいたいものです。 ワクワクや笑いも大いに大切にしながら…… こんなちょっと変わった奴が思いのまま綴ったブログです。 好きなこと: 手作り&リメイク、インテリア、山菜採り、海釣り、インターネット、洋楽、車、地味で個性的なファッション etc 好きなアーチスト: Styx、TOTO、ホイットニーヒューストン、マライアキャリー、 Glennis Grace、ビヨンセ、飛鳥涼