ヘアカラー専門の『毛染めの窓口』で髪ツヤツヤになった

『白髪を染めるだけにしたい、早く仕上げたい、できるだけ低価格で』そんな美容院嫌いな私の悩みをほぼ全て解消してくれる画期的なお店を見つけた。それが『毛染めの窓口』。一回だけで髪の毛がツヤツヤになったよ!

スポンサーリンク

ヘアカラー専門『毛染めの窓口』は画期的なサロン

 

美容院が苦手で行こうかどうしようか何か月も迷うことはないですか。

 

齢50も過ぎると美容院に行くのはカットやパーマのためではなく、白髪を染めるのが目的のほうが多くなりますよね。

 

私も大の苦手なんです😿

 

予約の電話を入れるのが苦手。

美容師とあまり話したくない。

わずか2センチ伸びた白髪を染めるために7000円も払いたくない。

白髪を染めたいだけなのに4時間もかけたくない。

かといって自分では後ろのほうを上手く染めることが難しい。

 

そんなジレンマを抱えながらも美容院に行くしかなかったんです。

それしか方法がないと思ってましたから。

 

それが奥さん!

ヘアカラーに特化したお店があったんですよ!

 

このあいだ友人に紹介されて初めて行ってみたマツエクのサロン。

そのマツエクサロンの隣にあったのです。

その名は

毛染めの窓口。

 

保険の窓口は閑古鳥が鳴いてましたが、チラッと覗いた毛染めの窓口は大盛況だったんです。

“ん?  染めるだけのサロン??  それ、いいかも”

 

入り口に置いてあったチラシを持ち帰りました。

そして職場の先輩たちに宣伝しましたら反応はイマイチ。

 

ならば私が行ってみることにしましょう。

 

チラシを見ると予約は全てネットでやるとのこと。

仕事柄、前もって〇月〇日と決めづらいので思いたったら吉日って感じで。

 

まずは、kezomenomadoguchi.comにアクセス。

⇒『近くの店舗を探して予約する』をクリック。

 

⇒店舗名が出てくるので右側の『WEB予約』をクリック

 

 

希望の日をクリック

ご覧ください、このわかりやすさ!

なにがすごいって予約を入れたらすぐに行けることなんです。

ここまでノーストレス!

 

毛染めの窓口に入ってみると

 

特に初回は予約時刻の10分くらい前に到着するといいです。

カルテに記入したりすることがありますので。

 

ドキドキしながら入店するとスタッフにチケットの購入を案内されました。

券売機で先にチケットを買わないといけないのです。

※ 使えるのは1000円札のみです。

 

料金は2019年5月1日から以下のように改定されます。

部分染め1080円。根元染め2440円。全体染め2920円。

いずれも税込みです。

 

美容院に比べてかなりお安いですよね。

 

さてチケットを購入するとまず荷物をロッカーに入れます。

そのあとすぐにスタッフにカルテを渡されます。

スタッフは女性ばかり4~5人いたでしょうか。

 

名前や連絡先を記入したら、どんなカラーが希望なのか聞かれます。

希望の色を伝えると直ちに席に案内され、毛染めの準備に入りました。

 

席は4つほどあり、ドライヤーをかけるための椅子が3つ。

 

そうなんです。

スタッフが行うのは毛染めとシャンプーのみ。

ドライヤーで乾かしたりの仕上げはすべて自分でやるのです。

このためスタッフの手間を大幅に省くことができて、多くのお客様を捌くことができるようになっているのですね。

 

染めてもらってる間スタッフとの会話はほとんどありませんでした。

こちらから話しかけない限りスタッフから話しかけられることはまずないと思います。

おしゃべりを楽しむというより効率的にチャッチャカ作業をこなしていく感じです。

それくらいのほうが変に気を遣わなくていいなと思いましたよ。

photo credit: Virvatulia What have you done to your beautiful red hair, Milla?! via photopin (license)

 

カラー剤を塗られたあとはケープ&キャップ姿のまま、入り口近くのテーブルに移動させられます。

そこで20分ほど雑誌など読みながら待機。

同じ姿をした人たち5~6人と一緒にテーブルを囲むこのひとときがちょっと恥ずかしかった(/ω\)

 

シャンプー台に移ります。

カラー剤を落とす最初の1回は機械によるお流しです。

そのあとスタッフの手によるシャンプー&トリートメントをしてもらいます。

 

そして備え付けのドライヤーで自分で乾かします。

鏡台にはドライヤーの他にクシ、綿棒、ヘアピンなどが備えられてました。

 

ヘアアイロンは家から持参したものを使いました。

私はロングヘアーなのでブローに時間がかかりすぎて40分も鏡台を占領することになってしまいました。

シャンプーが済んだ人が次々と鏡台に移ってくることを考えるとあまりモタモタはしてられません。

 

スポンサーリンク

毛染めの窓口で髪がツヤツヤに

 

入店してからカラー剤を洗い流すまで約40分で完了してしまいました。

美容院の3分の1以下で済むとはすごくありがたいことですね。

比較的狭いスペースでスタッフと客がひたすらチャッチャと機械的に動いていくのも、変に緊張しなくていいですよ。

 

そしてなにより嬉しかったのは髪の毛がツヤツヤになったことです☆

翌日自分でシャンプーしたあとのブローで気づきました。

かつてないくらいしっとりツヤツヤしてるんです。

今まで行ったどんな美容院よりも満足な髪質になってました。

 

その証拠に、翌日すぐに職場の女性から言われましたから。

「ミオレナさんの髪、今日は艶がありますねえ」と。

そんなふうに言われたことは一度もなかったので嬉しかったですよ~♪

 

毛染めの窓口ではいったいどんなカラー剤を使ってるんだろ?

調べてみました。

 

参考: 毛染めの窓口 公式サイト『成分表示一覧』

 

う~ん……ずいぶんと沢山の化学物質が入ってるんですねえー

聞き慣れないカタカナばかりでサッパリわかりません……

ですが衛生面、安全性は徹底されており『素材にこだわった原料コストの高い薬剤』と説明されてます。

ツンとした嫌な匂いもまったくありませんでした。

 

ヘアカラー専門『毛染めの窓口』のまとめ

 

気に入ったのでリピートしますよ。

とにかく安い。

予約が簡単。

待たなくて済む。

スピーディー。

ストレスをほとんど感じない。

 

現代に合った、今までありそうでなかった画期的なシステムですね。

あれから1週間の間に職場の先輩2人⇒後輩⇒後輩の母親が体験しました。

やはり良いものは早く広まりますね。

 

カットやパーマをしないで毛染めだけやりたいなら、あなたもぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

いつもご覧になっていただきありがとうございます。

月間利用者数15万人突破!

『毛染めの窓口』⇒http://kezomenomadoguchi.com

 

↓ 静電気を抑えて髪の毛がサラサラになるプラズマクラスター搭載ヘアードライヤー


 

よろしければこちらの記事もどうぞ↓

スポンサーリンク

文章で説得するのはもう古い。 気付いたら買っていた現象を意図的に作り出す、心理誘導ライティング技術。

ストレスを減らして楽~に生きたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。 管理人のミオレナと申します。 50代で長野県在住。本業は金融関係の営業です。  世の中とても便利になったのになぜか毎日の暮らしはバタバタと無駄に忙しく心の中にはいつもちょっぴり不安を抱えていませんか。 人生も半ばを過ぎてくるといろいろしんどくなり、ちょっとしたことにストレスも感じるようになりました。 どうせ一度しかない人生なのだから極力ストレスをなくしてスッキリと楽しくすごしたいです。 自分だけでなく自分と関わってるたくさんの人たちの生活→人生が、今よりほんのちょっとでもストレスフリーでhappyになってほしい。 そんな願いを込めて、独自の視点と経験でお役立ち情報を発信していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。