毒親も辛い。子どもへの怒りを抑えられないとき

あなたは子どもを叱りすぎてますか? 叱ったあとに落ち込んでませんか?私は子どもを叱りすぎて、怒りを抑えられないことが何度もありました。ときに手をあげたことも・・

スポンサーリンク

子どもにすぐイライラしてしまう毒親

 

こんばんは ミオレナです。

 

今日はあまり想い出したくないお話。

 

4~5年前、ひとり娘がまだ小学校高学年だったころのことです。

夜中にネットで一番調べまくったことがありました。

それは『子どもへの怒りが抑えられないときどうすればいいか』でした。

 

ホントはのんきにインターネットなんか見てるんだったら、娘に謝るべきだしギューっと抱きしめるべきだったんです。

でも当時はとてもとてもそんな気持ちになれませんでした。

だって一旦火が点くとコントロールがきかないんですから。

 

それほど私はことあるごとにイライラし、娘の言動がイチイチ気に触っていました。

 

娘が突然ワルい子に変わったわけではないんです。

もともとヤンチャでいろいろやらかしてくれてはいましたけど。

 

あなたが子供に対して猛烈に頭にくるのはどういうときですか?

友達とのちょっとしたトラブル……?

誰かに迷惑かけたとき……?

行儀が悪かった……?

何度言っても聞かなかった……?

 

そのほかにもいろいろ原因はありました。

振り返ってみるとそれほどガミガミ怒るほどのことでもなかった。

つまりは自分自身の心に余裕がなかったんです。

そのうえ娘を意のままにしたかったんです。

 

なんて自分本位でダメな母親なんでしょう!

26149803886_4ed808cda5_nphoto credit: IMG_2362-1 via photopin (license)

 

毒親が子どもを叱るとき

 

以前、私の母親によく注意されたものです。

「おまえの叱り方には愛情がなく、いかにも憎らしげだ! 子どもに感情をぶつけるんだったら私に当たりなさい!」と。

 

ハッとしました・・・

自己嫌悪に陥りました・・・

 

悔しいかな、私の母親はいつも気持ちが安定しているのです。

父に対する不満をぶつけるとき以外は、子どもたち(私と弟)に対してイライラして当たったり怒鳴ったことは一度もありませんでした。

そういう母だから余計に私の態度は酷いと思ったんですね。

 

当時の私は、母の言い分は正しいと思いつつも素直に認めたくなかったです。

”怒ってるときに愛情込めるもなにもないわ!” などと一蹴していました。

 

子どもを取り巻く悲しい事件は多い

 

ご存知のとおり親子間のおぞましい事件が増えてます。

絶対にあってはならないことですし犯罪行為を正当化するつもりもありません。

ですが、追いつめられた母親の閉塞感というものがわかる気がするのです。

 

毒親の心の叫び

 

みんな本当はわかってるんだよね。

子どもを叱りすぎてはいけない、叩いてはいけないって。

 

十分わかってるんだよね。

怒りすぎたら子どもがどういう影響を受けるか、どれだけ傷ついてるかってことも。

 

それなのに

頭ではいけないってわかってても、四六時中子どもと一緒にいるとダメなんです。

やっぱりイライラしちゃって今日もまた怒りすぎてしまう。

 

そのたびに反省してネットに救いを求めたり、ママ友に相談したり育児本を読み漁る。

その瞬間は納得したつもりになるんです。

なのに、翌朝になるとやっぱりまたキツく叱っちゃう。

抑えがきかなくなっちゃう。

 

毎日毎日そんなことの繰り返し….

誰か助けてください……

8494315062_be6928b591_mphoto credit: transmitter failure. via photopin (license)

 

毒親のイライラを抑えるには

この記事を書いてる今この時間にも、悩みに悩んでネットに助けを求めるお母さんがいるかもしれません。

そういう悩めるお母さんたちに私が偉そうにアドバイスできる立場にはないと思います。

現在進行形で子育てに試行錯誤してるのですから。

 

数年経った今は子どもにキツく当たることは格段に減っていて、お互いが穏やかになってきています。

 

もし子どもに対する怒りが収まらないとき、こんなふうにするといいのでは?と思いつくことがあります。

① とにかく外に出る

② とびきり可愛かったころの写真を眺める

③ 友達を呼んだりしてなるべく子どもとふたりきりになるのを避ける

④ 自分の心に余裕が生まれるようやるべきことを簡素化したり、できるだけ手抜きをする。

⑤ ”自分が子どものころだって完璧ではなかったよね”と思い出すようにする。

一呼吸おいて試してみてください。

 

毒親のあとがき

子育ては楽しいけど本当に本当に大変です。

シングルマザー・シングルファーザーならなおさらです。

世の中の親御さんたち毎日よく頑張ってるなって思います。

 

これだけネットが発達してても、子育てママは意外に孤独なんですね

公園に行ってもお散歩しても。

一見ママ友たちと楽しそうに見えても、実は心は刃のように尖ってるんです。

すっごくわかりますよ、そういう状況。

わかりすぎて痛いですよ、どうしようもない気持ち。

 

でも落ち込まないでください。

自分を追い詰めないでください。

 

苦しさが永遠に続くことはないのですから。

 

悩んでるのはあなた一人だけではないのですから。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

文章で説得するのはもう古い。 気付いたら買っていた現象を意図的に作り出す、心理誘導ライティング技術。

もっと自由に魅惑的に人生をデザインしよう

2 件のコメント

  • 『今のお前は、オレがいなくなったとき、お前が人様に嫌われたり、馬鹿にされたり、騙されそうでそれが心配なんだ。オレを憎んでも嫌ってもいいから、お前に今気づいて欲しいんだ。だから感情的になってんだ。』

    筆者さんもそう思うなら、そう伝えるのが良いのではと思います。

    『誰か私の娘を助けてやってくれ。』って言う気持ちだと思われます。

    • ポン太さんへ

      初コメントありがとうございます。大変嬉しいです。

      そうですね。 娘にもっと自分の気持ちを伝えたいと思います。
      照れてる場合ではないですもんね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    はじめまして。 管理人のミオレナと申します。 本業は金融関係の営業です。 日々いろいろなかたとお会いする中で "お客様に喜んでいただくには どんなbenefits(益)を提供すればよいのだろう" ばかり考えております。 人が求めているのは 『モノ』自体ではなく それを通して得られるbenefitsであることがわかります。 自分はもちろん 自分と関わってるたくさんの人たちの生活→人生が 今よりほんのちょっとでも良くなってほしい。 そんな想いで 暮らしやお金にまつわるお役立ち情報を発信していきたいと思いますので どうぞよろしくお願いいたします。