「ありがとうございました」がうまく言えないことありませんか?

「ありがとうございました」という言葉の滑舌が悪い人はいませんか?実は、日常的に使う中で一番言いづらい言葉として「ありがとうございます・ました」が断トツらしいです。どうしてこんなことが起こるのでしょう?

17102866025_72db9cb9e3photo credit: It has come to this. Thank you, #austin for your deadly pollen. My @vogmask will keep me safe. Feeling like I need to just embrace my post-apocalyptic fashion leanings. #apocalypse #mask #allergies #fuckpollen via photopin (license)

スポンサーリンク

 

「ありがとうございました」がうまく言えないのはなぜ?

 

こんばんは ミオレナです。

毎日何度も使わなくてはいけなくて、とても大切な言葉なのに「ありがとうございました」と言わなきゃ言わなきゃと思うほどロレツが回らなくなり最初の「あ」が出ない! 「り」が出ない!

な、なぜなんだ!?

 

ヘタすりゃあ「ありゃあとうございやしたー」なんて魚屋のオッサンみたいになってしまう(^.^)

 

電話での会話ならめったにこんなことはないんですよ~。

対面するととこういう現象が増えるから困ってしまいます😿

営業職なのにホント致命的なのですよ 😥

 

日本語の発音て、たしか世界で一番簡単なはずですよねえ??

なのに短音の組み合わせによってこんなにも言いにくくなってしまうのはなぜ??

 

私はもともと滑舌は良いほうではありません。

「~させていただきます」や「手術」などサ行も苦手です。

それでも「ありがとうございました」に比べればカワイイもんです 🙁

 

気がつけば娘も「ありゃとぅ」なんて言ってる 😯

ルックスはまるで似てないくせに変なとこは似たもんだ 😳

 

ではどうして「ありがとうございます」が言いづらく、同じ悩みを持つ人がとても多いのでしょうか?

 

ネットで調べてみると「あ行」が言いづらい人が多い、と書いてあります。

 

ん??なぜ?

 

「あ行」が一番舌の動きを必要としない発声だから、本当は一番簡単なはずではないですか。

「あ行」に原因があるのだったら「あたまがかたい」とか「あなたがはたらかなかったら….」といったフレーズもつっかえるはず。

なのにそれらの言葉は言える。

 

「ありがとうございました」がうまく言えないのは発音の問題?

 

仮に「ありがとうございます」ひとつひとつの発音のせいだとしたら、電話応対や練習のときでも言えなくなるはずです。

でも友達など親しい人に気軽に「ありがとう」とは言えるんですよ。

 

うまく言えない場面というのは、大きな声で言わなくてはならないとき。

忙しいとき。お客様に面と向かってるとき、です。

ということは発音の問題でなく、うまく言わなくちゃいけない精神的プレッシャーである可能性が高い。

緊張するあまり脳の言語野が固くなってしまうそうです。

 

思うに、本当は心から感謝の気持ちを込めて「ありがとうございます」と言うべきなのに

うまく言わなければ相手に失礼、恥ずかしいから言う

というように、相手のためより自分のことを中心にしてる場合にそうなってしまいがちだと思うのです。

12703389485_e3df37de69_mphoto credit: Star Wars Jar Jar Binks Lollipop Suck on Tongue Fail Toy Reviewed by Mike Mozart via photopin (license)

 

「ありがとうございました」がうまく言えないときの対処法はコレか?

 

私はいつのまにか「ありがとうございました」が言いづらくなってました。

今でもスーパーのレジ係に言うときキョドッてしまいがちです8-O

おそらく店員さんに心から感謝してるフリして、本当はエエカッコしい+おつりをスムーズに受け取りたい+後列に並んでる人たちにも妙な自意識を振りかざしてる気がする。

 

こんな自分のふがいなさに嫌気がさしてネット検索したところものすごくヒットしました。

たくさんの接客業の人たちが、ありがとうございますを言えない悩みを多く抱えていることがわかりました。

 

なんとか早急に治さないと困っちゃいますよね。

 

解決する方法として挙げられてるのは以下の方法です。

 

☆ 「ありがとうございました」の前に「どうも」を付けてみる。

最初に「あ」をもってくると構えてしまうので、クッションの役割として別の言葉をくっつけることによってうまくいくことが多いようですよ。

 

☆ 普段から家庭の中でたくさん「ありがとう」を使ってみる。

普段から使い慣れてない人が「ありがとうございます」をうまく言えない傾向にあるそうです。

 

☆ 「あ」の部分を意識してハッキリ、明確に言う。

言葉全体が長いから一気に言おうとすると気負いすぎて焦ってしまう。

ですので、最初の「あ」を強調するつもりで発音してみるとうまくいくことが多いようです。

 

ありがとうが言いづらいのあとがき

 

上記の方法の中で特に『あ』を意識して言う、家庭の中で照れずに口に出して「ありがとう」を言うように心がけて過ごしてみました。

うまく言えるかな~、誰かにバカにされないかな~みたいに他人がどう思うかというのはあまり意識しないように努めたのです。

すぐには改善されませんでしたが、約2年経ってみて以前よりはスムーズに「ありがとうございました」と言えるようになってます。

 

この記事をアップしてから2カ月経ちましたが、毎日かなりのアクセスがあることに驚いてます。

「ありがとうございました」がうまく言えない人がホントに多いんですね。

それが解っただけでも救われる…… 😕

 

私は「ありがとうございました」だけでなく他の言葉も滑舌が悪いです。

筋金入りの父親譲り。

 

それに、吃音以外にもいろんな癖やコンプレックスがあるのです。

それらを自分だけで抱え込まないでブログという形で発信しています。よろしければ覗いてみてください。

 

そうすることによって同じ悩みを抱えた人の気持ちがちょっとでも軽くなればいいなと思います。

いつもブログをご覧いただき本当にありがとうございます☆ (←文字だとスラスラ言えるのにな~トホホ・・・)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

文章で説得するのはもう古い。 気付いたら買っていた現象を意図的に作り出す、心理誘導ライティング技術。

ストレスを減らして楽~に生きたい

4 件のコメント

  • お礼を言えない人も多いです。
    何かしてもらったことへの感謝の言葉。

    ありがとうがすぐ出るのも才能の一つです。

    一番大事な才能なのかもしれませんね

    • ファイブこまーしゃる 様

      初コメントありがとうございます。珍しいニックネームですね。

      感謝の言葉を口にするのも才能のひとつ、という捉え方が新鮮でした。

      割舌が良くない悩みがとてもちっぽけなものに思えてきました。

      気付かせていただきこちらこそありがとうございました。

  • 僕もアルバイトで接客業をしているのですが、今まで「ありがとうございました」をすらすら言うことができませんでした。でも、このサイトを見て同じことで悩んでる人がいると思い勇気が湧きました。ありがとうございました。対処法実践してみます!

    • ピザ屋店員 様

      はじめまして。この拙い記事にコメントいただきありがとうございました☆

      接客業 大変ですよね。毎日ホントにいろいろなお客様と対応しないといけないので
      体力も神経も使われてることと思います。
      緊張したり、うまく言おうとすればするほど滑舌が悪くなってしまうんですよね。

      私も記事を書いてからかなり経つのに、未だにうまく言えないときがあるんです。
      そのたびに”もっとゆっくり言わなきゃ” とか ”最初のあの口を大きく開けなきゃ”
      などと焦るのです。

      どうして「ありがとうございます」ってこんなに言いづらいんでしょうねえ……

      これからも試行錯誤しながら効果的な方法があれば逐一記事を書きなおすつもりです。

      とにかく当ブログがピザ屋店員様にとって少しでも役に立てたのなら、とっても嬉しいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    はじめまして。 管理人のミオレナと申します。 50代で長野県在住。本業は金融関係の営業です。  世の中とても便利になったのになぜか毎日の暮らしはバタバタと無駄に忙しく心の中にはいつもちょっぴり不安を抱えていませんか。 人生も半ばを過ぎてくるといろいろしんどくなり、ちょっとしたことにストレスも感じるようになりました。 どうせ一度しかない人生なのだから極力ストレスをなくしてスッキリと楽しくすごしたいです。 自分だけでなく自分と関わってるたくさんの人たちの生活→人生が、今よりほんのちょっとでもストレスフリーでhappyになってほしい。 そんな願いを込めて、独自の視点と経験でお役立ち情報を発信していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。