『毛染めの窓口』の口コミを見ないで行ってみたら髪が意外と…

白髪を染めるだけにしたい、早く仕上げたい、できるだけ低価格で』美容院嫌いな私の悩みをほぼ全て解消してくれる画期的なお店を見つけた。それが『毛染めの窓口』。一回だけで髪の毛がツヤツヤになったよ!



『毛染めの窓口』はヘアカラー専門の画期的なお店

 

美容院に行こうかどうしようか……と何か月も迷うことはないですか。

50歳を過ぎるとカットやパーマのためではなく、白髪を染めるのが目的のほうが多くなりますよね。

 

私は美容院が大の苦手なんです😿 なにが苦手かって

 

予約の電話を入れること⤵

美容師と会話すること⤵

白髪を染めたいだけなのに時間がかかりすぎること⤵

大きな鏡をずっと見てないといけないこと⤵

 

かといって自分では後ろのほうを上手く染めることが難しい。

カットやパーマやトリートメントをしてもらうために普通の美容院に行くのは年に1回~3回くらいでいい。

でも白髪は1か月もすれば1センチは伸びてしまうから1年も待てない。

このように白髪を染めるペースとカットなどのペースが噛み合わなくなってきました。

そんなジレンマを悶々と抱えていたのですが……

 

それが奥さん!

ヘアカラーに特化したお店があったんですよ!

その名は

毛染めの窓口。

 

職場の近くの大型スーパーの一角に偶然見つけました!

保険の窓口は閑古鳥が鳴いてましたが、チラッと覗いた毛染めの窓口は大盛況だったんです😊

 

“なになに??  染めるだけのサロン??  それ、いいかも!”

 

さっそく入り口に置いてあったチラシを持ち帰りました。

そして職場の先輩たちに宣伝しましたら意外にも反応はイマイチ。

え?? みなさん白髪染めに困ってないの?? ヘアカラーに特化した美容院に興味ないの??

なんかガッカリ……😞

 

ならば私が一番乗りで行ってみることにしましょう♪

 

チラシを見ると予約は全てネットでやるとのこと。

仕事柄、前もって〇月〇日と決めづらいので思いたったら吉日って感じで。

 

まずは、kezomenomadoguchi.comにアクセスします。

⇒『近くの店舗を探して予約する』をクリック。

 

⇒店舗名が出てくるので右側の『WEB予約』をクリック

 

 

希望の日をクリック

ご覧ください、このわかりやすさ!

10分刻みで予約が入れられるのです。

予約を入れたらすぐに行けるのが便利すぎのストレスフリー

 

ネット環境がないかたは店舗のすぐ隣にタッチパネルが設置されてますのでそれをピピッと操作してください。簡単ですよ。

 

毛染めの窓口に初めて入ってみましたよ!

 

特に初回は予約時刻の10分くらい前に到着するといいです。

カルテに記入したりすることがありますので。

 

ドキドキしながら入店するとスタッフにチケットの購入を案内されました。

まず券売機でチケットを買わないといけないのです。

※ 使えるのは1000円札のみです。5000円札や10000円札は使えません。

 

料金は2019年5月1日から以下のように改定されました。

部分染め1080円。根元染め2440円。全体染め2920円。

いずれも税込みです。

 

美容院に比べてかなりお安いですよね。

 

さてチケットを購入するとまず荷物をロッカーに入れます。

カギをかけて、銭湯の脱衣所みたいなゴムの付いたカギを腕に巻いたりして所持。

そのあとすぐにスタッフにカルテを渡されました。

スタッフは女性ばかり4~5人いたでしょうか。

 

名前や連絡先を記入したらどんなカラーが希望なのか聞かれます。

希望の色を伝えると直ちに席に案内され、毛染めの準備に入りました。

 

席は4つほどあり、セルフでドライヤーをかけるための椅子が3つ。

 

そうなんです。

スタッフが行うのは毛染めとシャンプーのみ。

ドライヤーで乾かしたりの仕上げはすべて自分でやるのです。

このようにスタッフの手間を大幅に省くことができて、多くのお客様を捌く(サバく)ことができるようになっているのですね。

 

染めてもらってる間スタッフとの会話はほとんどありませんでした。

こちらから話しかけない限りスタッフから話しかけられることはあまりないと思います。

おしゃべりを楽しむというより効率的にチャッチャカ作業をこなしていく感じです。

私はそれくらいのほうが変に気を遣わなくていいなと思いましたよ。

photo credit: Virvatulia What have you done to your beautiful red hair, Milla?! via photopin (license)

 

カラー剤を塗られたあとはケープ&キャップ姿のまま、入り口近くのテーブルに移動させられます。

そこで20分ほど雑誌など読みながら待機。(※雑誌はコロナが流行ってからは全て撤去されてました)

てるてる坊主のような姿をした人たち5~6人と一緒にテーブルを囲むこのひとときがちょっと恥ずかしかった(/ω\)

 

20分経ったらカラー剤がちゃんと髪に浸透したかどうかチェックされます。

OKならシャンプー台に移ります。

カラー剤を落とす最初の1回目は機械によるお流しです。

 

一般的な美容院でも導入されることが多くなったこのお流しマシーンを体験したことありますか。

ゾワーーー!!  ジュワーーー!  モゾモゾモゾモゾーーーー!

くすぐったいようななんとも言えない感覚の機械によるお流し(≧∇≦)

そのあとスタッフの手によるシャンプー&トリートメントをしてもらいます。

 

そして備え付けのドライヤーで自分で乾かします。

鏡台にはドライヤーの他に、コテ、クシ、綿棒、ヘアピンなどが備えられてました。

 

ヘアアイロンは家から持参したものを使いました。

私はロングヘアーなのでブローに時間がかかりすぎて40分も鏡台を占領することになってしまいました。

シャンプーが済んだ人が次々と鏡台に移ってくることを考えるとあまりモタモタはしてられませんね。

 

毛染めの窓口で髪がサラツヤに☆

入店してからカラー剤を洗い流すまで40分で完了してしまいました。

美容院の3分の1以下の時間で済むとはすごくありがたいことですね。

比較的狭いスペースでスタッフと客がひたすらチャッチャと機械的に動いていくのも、変に緊張しなくていいですよ。

 

そしてなにより嬉しかったのは髪の毛がツヤツヤになったことです☆

翌々日自分でシャンプーしたあとのブローで気づきました。

かつてないくらいしっとりツヤツヤしてるんです。

今まで行ったどんな美容院よりも満足な髪質になってました。

 

その証拠に、すぐに職場の女性から言われましたから。

「ミオレナさんの髪、今日は艶がありますねえ」と。

 

そんなふうに言われたことは一度もなかったので嬉しかったですよ~♪

 

毛染めの窓口ではいったいどんなカラー剤を使ってるんだろ?

ちょっと調べてみました。

 

参考: 毛染めの窓口 公式サイト『成分表示一覧』より。

 

う~ん……ずいぶんと沢山の化学物質が入ってるんですねえー

聞き慣れないカタカナばかりでサッパリわかりません😢

ですが衛生面、安全性は徹底されており『素材にこだわった原料コストの高い薬剤』と説明されてます。

ツンとした嫌な匂いもまったくありませんでした。

 

ヘアカラー専門『毛染めの窓口』のまとめ

 

気に入ったのでリピートしたいと思います。メリットとしては

✅ 料金が安い。

✅ 予約が簡単。

✅ 待ち時間がほとんどない。

✅ ヘアケア用品の購入を勧められない

 

強いてデメリットを挙げると

✅ 現金の1000円札しか使えない

✅ 事前に自分で行った白髪隠し用パウダーやスティックを落とすことなくヘアカラーをそのまま塗布される。 (←もしパウダーなどを落としてから染めたい場合は、事前シャンプー代として500円費用がかかる)

✅ ドリンクやマッサージなどのサービスは無い。(料金からするとサービスを省略されるのは当たり前ですよね)

 

『ヘアカラー専門・毛染めの窓口』は現代に合った、今までありそうでなかった画期的なシステムだと思います。

あれから1週間の間に職場の先輩2人⇒後輩⇒後輩の母親が体験し、喜ばれています。

 

カットやパーマをしないで毛染めだけやりたいなら、あなたもぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

いつもご覧になっていただきありがとうございます。



↓ 艶髪には必須のつげ櫛(薩摩の高級つげ)

スポンサーリンク

ストレスを減らして楽~に生きたい

2 件のコメント

  • 初回で安く毛染めしてもらいました。
    髪の毛がサラサラになり喜んでいましたが
    たった4日で白髪がでてきました。
    行って言ってみようかと考えています。
    困りますよね。白髪染めで行ったのにたった4日で出てきては!しかも3週間はもつと聞いてやったのに。ショックでした。

    • タケヤマジュンコ 様

      はじめまして。当ブログへコメントありがとうございました☆

      毛染めの窓口に初めて行かれてわずか4日で白髪が出て来たとのこと。
      ショックだったお気持ちお察しします。
      その「白髪が出て来た」とは『退色してしまった』ということですよね??
      でしたら早すぎると思います ホントに。
      塗り残しの部分があったということも考えられますね。
      いずれにしても再度お店にうかがってお話しされるといいと思いますよ。

      タケヤマ様が満足されますように……

  • ミオレナ へ返信する コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ミオレナ

    こんにちはミオレナです。 長野県在住の50代。本業は金融機関の営業です。 マニッシュな娘とふたり暮らし。 人の本質って年齢、性別、家柄、国籍、学歴、仕事、収入……とは関係ないところにあると思いませんか。 他人と比べてるうちはホントの意味で幸せになれない。 人に寄りかかってるうちは充実感は得られない。 なんというか全ては頭の中のこと。そして言動。 どうせ1回きりの人生なのだから自分の気持ちに忠実にいたいものです。 ワクワクや笑いも大いに大切にしながら…… こんなちょっと変わった奴が思いのまま綴ったブログです。 好きなこと: 手作り&リメイク、インテリア、山菜採り、海釣り、インターネット、洋楽、車、地味で個性的なファッション etc 好きなアーチスト: Styx、TOTO、ホイットニーヒューストン、マライアキャリー、 Glennis Grace、ビヨンセ、飛鳥涼