ハーフの子を育ててみて思うこと

近頃スポーツや芸能界でハーフがとても活躍してますね。ハーフの子どもが欲しいから外国人と結婚する日本人女性もいると聞きましたよ。時代はホントに変わりましたねえ……

24792945916_8d10f11f25photo credit: Smile via photopin (license)

(↑ 画像はうちの子ではありません。フリーサイトよりお借りしてます)

ハーフの子の出生率は増えてる?

 

こんばんは ミオレナです。

巷で外国人を見かけることが珍しくなくなり、駅やスーパーで外国語が飛び交うのも日常の光景となりました。

実はうちのひとり娘もハーフです。生まれも育ちも日本だし日本語しか話せません。たまに「ハロー」「英語で話しましょうか?」などと話しかけられることもありますが、あの顔でまったく英語が話せないから逆に笑っちゃいます。

親としては別段ハーフを意識したことはあまりないですねえ。子どもは子どもですよ。出逢ったパートナーがたまたま外国人だっただけのこと。冒頭に書いた『ハーフの子が欲しいから』という理由で外国人と結婚するのとは訳が違います。

 

さてハーフの子の出生率はどうなのでしょう。

(父母どちらかが外国人である子の出生率)

  1987年   0.74%
 1990年   1.12%
 1995年  1.69%
 2000年  1.85%
 2005年  2.04%
 2006年  2.12%
 2007年  2.19%
 2008年  2.17%
 2009年  2.08%
 2010年  2.03%
 2011年  1.91%
 2012年  1.95%
 2013年  1.87%

(厚生労働省 人口統計資料)

30年前に比べれはハーフの子の出生率は倍以上に上がっているものの2007年以降少しずつ減っています。

右肩上がりだと思ってたのでこの統計はちょっと意外でした。ハーフの子の割合は約2%、つまり50人に一人の割合なのですね。

 

ハーフの子はいじめられやすい?

そんなイメージがあるのではないでしょうか。

現に私の母親つまり娘のおばあちゃんは、娘の出生時からずっとそんなことばかり心配しています。 まあもともとが何に対しても心配性で、まだ起きてもいないことを先回りして案ずるタイプなんですが。

ありがたいことに娘はこれまで一度もいじめられたこともないし、ハーフであることが原因で嫌な思いをしたことはないと記憶しています。 むしろヤンチャすぎて娘のほうがイジメっ子に思われてたくらい。

ええ それはそれは腕白で強くて反抗的で、娘が小学生のころ私は毎日のように血管が切れるくらい怒ってましたよ。 もう10年以上反抗期ですよ。話がそれましたね。興味あるかたはこちらもどうぞ→

 

ところで全国にはいじめられてるハーフの子がいるとネットで知りました。

ハーフだからいじめられるってどういうことでしょう?

肌や髪の毛の色が他の子と違うから? 日本語がちょっとおかしいから?

もしそうだとしたら画一的な日本社会の良くない部分ですね。

みんなと同じでないと認めない

これは子どもの世界に限ったことでなく、特に日本ではいろんな場面で起こる現象です。

そもそも人間はみんな違うし同じ人はひとりもいません。それなのにちょっとした違いを見つけてからかったりしますよね。なんだかバカバカしくて情けないことです。

ハーフの子に限らずどんな人でもやたらとメソメソしないで小さなことに気を病むことなく明るく堂々としてれば、いじめられる可能性は低くなると思うのです。

同時に親の姿勢もとても大切だと実感しています。過敏にならず卑屈にならず堂々としてること。子どもにも伝わります。

 

ハーフの子を持って困ったこと

う~~ん….生まれてからの記憶を辿ってるのですが、お勉強(特に英語😊と数学)が嫌いで超苦手なこと以外困ったことが思い出せないです。

ひとつだけ挙げるとすれば、たしかパスポートを申請したときのこと。

名前の表記はなぜかローマ字表記を求められるのですが、実際は『L』の文字を使うのに日本式に『R』と表示されてしまいました。これが不本意だったため、正しい表記に訂正してもらうために『L』を使ってる公的文書などの証明を提示しないといけなかったのです。

申請窓口をいったん出て自宅まで戻り、数少ない書類を探すのがかなり大変でした。

名前関連でいえばミドルネームも含めるとやや長いので、各種書類に書くのが少し面倒になることがあります。

あとがき

「一生結婚したくない」と言ってた私が波瀾の中で奇跡的に授かったハーフの子。巷ではハーフが可愛いとかいろいろ言われてますが、古今東西誰だって我が子が一番可愛いと思ってるんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

文章で説得するのはもう古い。 気付いたら買っていた現象を意図的に作り出す、心理誘導ライティング技術。

ストレスを減らして楽~に生きたい

2 件のコメント

  • 貴方のような方が日本の文化伝統を壊しているのです。片方が外国人なら子供が学ぶ日本文化は半分になり合理的で無い仕来りは否定され 日本の文化は衰退していく。ハーフ欲しさで白人と結婚したのなら我々 日本人は迷惑です。旦那の国に帰って子育てしたらどうですか?

  • ミオレナ にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    はじめまして。 管理人のミオレナと申します。 50代で長野県在住。本業は金融関係の営業です。  世の中とても便利になったのになぜか毎日の暮らしはバタバタと無駄に忙しく心の中にはいつもちょっぴり不安を抱えていませんか。 人生も半ばを過ぎてくるといろいろしんどくなり、ちょっとしたことにストレスも感じるようになりました。 どうせ一度しかない人生なのだから極力ストレスをなくしてスッキリと楽しくすごしたいです。 自分だけでなく自分と関わってるたくさんの人たちの生活→人生が、今よりほんのちょっとでもストレスフリーでhappyになってほしい。 そんな願いを込めて、独自の視点と経験でお役立ち情報を発信していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。