素敵な腕時計のステキな置き場所見つけました!

あなたは腕時計してますか? 選ぶときのポイントはどこでしょう?  画像の腕時計は30年愛用してるSEIKO  DOLCE。一度も壊れることなくファッションの一部として活躍してくれてます。 良質なモノは飽きがこないですね☆

腕時計は良いものを長く使いたい

 

こんばんは ミオレナです。

近頃みなさんスマホがあるから持たないでしょうか。

え? そんなことないですか?

やはり腕時計ないと不便ですよねえ。会社勤めしてると特に。

 

写真の腕時計はセイコー・ドルチェの、たぶんメンズ用??

レディースにしてはダイヤルが大きい気がする……

どちらかよくわからない理由は自分で購入したわけではないから。

 

30年も前にプレゼントされました。恋人とかじゃないですよ。

なんと職場に出入りしてた士業のかたからです。

箱にはたしか定価120,000円と書いてあったはず。お高い……

 

当時私は二十歳そこそこの新入社員。

なぜ士業の先生がこんな高価な腕時計をプレゼントしてくれたのか、理由は未だにわかりません。

わからないけれどありがたく頂戴しました。

 

セイコー・ドルチェ。

大好きなゴールドでシンプルなデザインは飽きることがありません。

シンプルゆえに。気品ゆえに。

 

とにかくつけてるとピリッと引き締まって気分が上がる。

つけ忘れたときは、どこかダラけてしまい終日落ち着かなくなってしまう。

高価だから大切にしようという気持ちにもなります。

 

とかく安いものを何度も買い替えてしまいがちではありませんか?

腕時計などは多少高価なものを使い続けたほうが長い目で見るとメリットがあります。

お金に余裕がないときほど安いものでなくちょっと高価なものを選ぶといいと思うのです。

スポンサーリンク

素敵な腕時計ははめやすくて外しやすい

 

とはいえいただいてから5年以上は箱に仕舞ったままでした。

使い始めたのはずいぶん後のこと。

初めてこの腕時計に触れたとき感動しました。

なんてしなやかなバンドでしょう!  これでも金属なの?  なんて繊細な造り込み!

↑  バンドをビヨ~んと伸ばしたところ。

手のシミとシワは無視してバンドの繊細な編み込みをご覧ください(^.^)

 

『腕時計・しなやか・バンド』と検索してもなかなかこんなに細かい編み込みは出てきません。

↑ 裏面。 バンドは輪っこになってるのでとってもはめやすい。

脱着のしやすさも魅力のひとつであります。

 

はずした腕時計の置き場所をやっと見つけました

 

あなたの腕時計の置き場所は決まってますか?

それはどこですか?

アクセサリートレイ?  それとも……

 

お気に入りの腕時計は、外すときも気をつかう。

今まではキッチンテーブルの箱に上に載せてました。

どうせなら外した後も素敵でいてほしい。

そんなことを考えてたら定位置よりもっと素敵な置き場所をさきほど見つけました!

それはですね、ワインの空き瓶なんです。

ずっと前に山梨の清里に行ったときに一目ぼれで買った白ワイン。

グリーンのボトルが魅力的でしょ!?  空き瓶を処分するなんて到底できませんでしたよ。

ワインの味も格別でした☆

瓶のトップが尖がってるんです。 そしてひらめきました☆

ここに時計をかければいいじゃない!? って。

どうして今まで気づかなかったんだろ!?

瓶は今までの定位置の隣にあったのにぜんぜん思いつかなかった。ホントに不思議でしかたない。

そうだ!

もっと素敵な置き場所を決めようと思ったのは今日が初めてだったわ。

だから気づかなかったのね。

 

同じものなのに置き場所を変えると別の顔を見せます。

それまでとはちょっと違う空気が流れます。

 

こんな発見が嬉しくてたまらないのです☆

スポンサーリンク

スポンサーリンク

文章で説得するのはもう古い。 気付いたら買っていた現象を意図的に作り出す、心理誘導ライティング技術。

もっと自由に魅惑的に人生をデザインしよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。 管理人のミオレナと申します。 本業は金融関係の営業です。 日々いろいろなかたとお会いする中で "お客様に喜んでいただくには どんなbenefits(益)を提供すればよいのだろう" ばかり考えております。 人が求めているのは 『モノ』自体ではなく それを通して得られるbenefitsであることがわかります。 自分はもちろん 自分と関わってるたくさんの人たちの生活→人生が 今よりほんのちょっとでも良くなってほしい。 そんな想いで 暮らしやお金にまつわるお役立ち情報を発信していきたいと思いますので どうぞよろしくお願いいたします。