コメダ珈琲店のバーガーが美味すぎて吠えた

もっと早くコメダで食べるべきだった。3日前初めて食べたコメダのハンバーガーが衝撃的で脳内リフレイン中。コメダの質の高さ ヤバくないですか!?

コメダ珈琲のハンバーガーが旨すぎて唸った

 

こんばんは ミオレナです。

私バカよね おバカさんよね!?

何十回もコメダ珈琲店を覗いてるのに一度も入ったことなかったんです。

いつも素通り。いや、5回くらいドアを開けて壁面のメニューを見ては「食べたいものがなにもないなあ……」と立ち去ってました。

 

ええ ずっと前から見てましたよ。多くのブロガーさんたちの秀逸レビューもね。

それでもなぜか食べようとは思わなかったんです。

すべては思い込み。「よくあるパンケーキ、ハンバーガーだよな」って。

 

それが珍しく男友達のM君(35歳)に誘われたのがきっかけで、人生初のコメダ入店となったのでした。

メニューはこんな感じ。

野菜を食べたかったけど、全体的にお値段高めかなと思って止めました。

↓↓ 続いてサンドイッチ。カツは食べたい気分じゃなくてパス。左側の卵サンドはそそるから次回挑戦します。

 

↓↓ ちなみに店内はこんな感じ。私とM君はタバコを吸わないのになぜか喫煙室を選びました(^.^) ドアで仕切られててこれなら安心して密談できる。

 

↓↓ 何にしようかかなり迷ってたらM君曰く「先週バーガー食べたらメチャクチャ大きかったんですよ!」

え!?  大きい!?

 

即決しました。

“ホントだー メニューの端っこに1.5倍って書いてある!”

さっきチラっと見たけど私的にはインパクト薄かった。デミグラスソースもそんなに好きではない。

M君による生のレビューあらばこそです。

ドリンクも頼むとなると軽く1000円は超える……😿 ここんとこ毎日のように外食が続いてるからな~~ でもせっかくコメダに来たならコーヒーも試そうか。

 

M君いわく「メチャクチャ量多いですよ」

ほ~~。 決めた。 カフェオレにしよ。

 

普通においしい。

おっ! と思ったのはカフェオレの表面に膜が張ってたこと。そういや最近とんと見かけなくなりましたねえミルクの膜。

 

サービスで豆菓子の小袋がついてきましたよ☆ ん? コメダさん創業50年なんですね。豆菓子はM君にあげたので味はわからず。

 

そしてジャーーン!  出ました!  コメダの名物

シロノワール!

 

私はずっとシノワロールだと思ってた(^.^)  シロノワールなのね😊

どっちだっけ? と悩んだら『白ノワール』と覚えましょう。チョコソフトが載った『黒ノワール』もあるんだから。

白いノワールだから白ノワール→シロノワール。

 

注文したのはM君。

見よ!  この渦高く巻いた真っ白なクリームを!  M君にちょこっと恵んでもらって感動☆ このソフトクリームはすぐにダラダラ~んとならないでとてもしっかりしてる。

シロップをかけて食べるとより美味しいとM君。とにかく大きいぞ。

 

コメダのハンバーガーは激ウマでボリューミー

 

待ってました!  ドミグラスバーガー登場!

お腹すいてるので能書き垂れずにパクつきます!

カラシが入ってるけど辛くないですよ。

ひと口食べて背筋が凍った。

「な、なんじゃこりゃ!? 旨すぎる!」

私がこれまで食べてきたハンバーガーは冗談だったのか。

なんといってもバンズが素晴らしい!  表面がカリッとしててフワフワで中はもっちり。よくある形容しかできないのが情けない。

 

コメダの売りはパンらしい。

↓↓ふと横を見るとこんなの貼ってあります。

 

コメダ珈琲店レビューのあとがき

 

一にこだわり。二にこだわり。いつも混みあってるのはこういうことだったんですね。

 

今まで3年以上壁のメニューだけ見てスルーしてたこの愚かさ。

やはり実際食べてみてなんぼですね。

 

先入観と決めつけはダメです。

論より証拠。胃の中のかわず大海を知らず。百聞は一見に如かず。

 

うちは新聞とってません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

文章で説得するのはもう古い。 気付いたら買っていた現象を意図的に作り出す、心理誘導ライティング技術。

もっと自由に魅惑的に人生をデザインしよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。 管理人のミオレナと申します。 本業は金融関係の営業です。 日々いろいろなかたとお会いする中で "お客様に喜んでいただくには どんなbenefits(益)を提供すればよいのだろう" ばかり考えております。 人が求めているのは 『モノ』自体ではなく それを通して得られるbenefitsであることがわかります。 自分はもちろん 自分と関わってるたくさんの人たちの生活→人生が 今よりほんのちょっとでも良くなってほしい。 そんな想いで 暮らしやお金にまつわるお役立ち情報を発信していきたいと思いますので どうぞよろしくお願いいたします。