50代こそブログを書こう! 働きながら続ける5つのメリット

50代諸君 ブログを書いてみませんか?  若手のブロガーさんが多いネット界ですが、いろいろな人生経験を積んできた中高年だからこそ書けることがいっぱいあると思うんですよ。ヒ~ヒ~言いながらも1年半以上ブログを続けてきた私がブログを書くメリットと注意点を伝えます。

スポンサーリンク

中高年がブログを書く主要メリット5つ

 

こんばんは ミオレナです。

50歳からブログを書き始めて1年と10か月経ちました。

そもそもの目的はズバリ『稼ぎたかったから』。

私たちの年代になると年金や親の介護、自分と家族の健康など将来への漠然とした不安をひしひしと感じませんか?

 

特に経済的な不安は計り知れず。

一刻も早く安定した収入を構築しなければ年金はあてにできないし誰も頼りになりません。

国も会社も最期まで面倒を看るとは思えないので、結局は自分でなんとかするしかないと思ってます。

 

そこで目をつけたのがインターネットを使ったビジネス。

たまたま友人がブログを書いており、毎月おこづかいプラスアルファの報酬を得てると知ったのです。

書くだけで毎月収入があるということは年金みたいなものですよね。

 

ブログを書くだけで毎月お金が入ってくる!

 

これって凄くないですか!?

 

だから私もやってみようと思ってブログを立ち上げました。

職場のドロドロ人間模様とか書いてあるから会社の仲間には内緒にしてありますよん 🙄

 

でもブログを始めてみても最初からそんなに稼げるわけではなく微々たるもんですよ。

ところがですね、最初は稼ぐつもりで始めたブログがなんだか楽しくなって生活に張りが出てきました。

そして

情報は入れるよりアウトプットするほうが良い

 

ことがわかったのです。

 

99パーセントの友人知人は言います。

「ネットやブログは毎日見てるけど自分で書くのはちょっと~」「書けないよー 見るだけでいいよー」って。

あーーーもったいない。こんなにメリットあるのにぃ。例えばですね……

 

1、ブログは自分が生きた証になる

 

50歳すぎてくると自分の過去を振り返って懐かしがったり内省することが多くなるんですね。

と同時にますます人生のゴール、つまり『死』を意識し始めるんです。

死ぬ間際に「こんなはずじゃなかった~」と思いながら死にたくはないじゃないですかー。

とことん満足して死んでいきたい。

我が子がいる人は子どもも『自分が存在した証』と言えるのですが、子どもの他にも残しておきたいのが自分のマインドや行動したこと。

それらをブログという形で残せます。

インターネットが無くならない限りは。

 

コツコツやってみてブログは子どもみたいなものだと実感してます。

それほど1記事1記事にエネルギーと時間をかけてますから。

実際ブログを書いてる人なら解るはずですこの感覚。

いわばブログは全国公開版日記みたいなものかしらん。

 

2、ブログで自己表現の場が広がる

 

私は営業マンのくせにものすごく口ベタで滑舌も悪いです。

昨日も職場で上司に話しかけた言葉が、苦手な母音の連続でやっぱりドモりました。

こんなことはしょっちゅうで慣れましたが。

これ一種のコミュ障ですね トホ 😥

 

つきあいベタだからといって何も考えてないわけではないですよ。

たぶん人一倍いろんなこと考えてます。より深く、多角的にね。

 

例えば洋服が好きな人はファッションで、絵が上手い人は絵画で、みたいにブログは自分を表現するひとつの手段とも言えます。

完全オリジナル記事の場合、選ぶテーマ、内容、文章構成、ちょっとした言い回しなどに

自分という人間そのものが現れます。一切ごまかしは効きません。

 

そう考えるとちょっぴり恐くもありますね。

 

3、ブログで発信した情報を共有できる

 

悩みとかコンプレックスって普通はなかなか人に言わないものですよね。

あなたも身近な人には言わないで一人でコッソリとネット検索してませんか?

私の例で言えば『まむし指』『唇の皮を噛む癖』『髪の毛を抜く癖』『顔がブサイクでキモい』『トイレパニック症候群』『人前で緊張しまくる』などの悩みは今まで誰にも言ったことはありませんでした。

 

身近な人に言えない悩みをなぜ敢えてブログに書いて全国発信しようと思ったのかはよくわかりません。

ただなんとなく書いてみたら意外とたくさん見られてることがわかって驚いてます。

特にマムシ指については、書店に行っても関連書籍は置いてないと思いますよ。見たことないですもん。

全国のマムシ指に悩む人から「まむし指が嫌でしかたなかったけど少し自信が持てました」とコメントをいただいたときは本当に嬉しかった。

 

また、普段めったに会えない友人もマメにブログを読んでてくれて「人前で話すとき緊張する悩みにメチャクチャ共感したわ~」と言ってくれました。

このときも”書いてよかったー”と思いました。

 

もしかしたら人が求めてるものは解決方法ではなく共鳴・共感なのかもしれませんね。

 

また、自分では ”こんなつまんない記事が誰かの役に立つんかい?”と思っていても広い世界の誰かにはヒットするようです。

自分にはよくあることでも他の人は経験したことないってフツーにあることですよ。

それほど一人一人みーーーんな違うってことです。

 

4、ブログが資産になる可能性が高い

 

ブログを始めていきなり50万とか100万になることはまずありません。

最初は1円2円の世界です。

でも書き続けるほどに報酬は上がっていきます。

毎日書かなかったとしても報酬が激減することはなく、むしろわずかながら増え続けています。

 

関西方面に住む私の親しい友人はもともと健康マニアでして、無料ブログを使って健康に関する記事を書き溜めていました。

彼は最初はブログでお金を稼ぐなんて全く考えていませんでした。

2年ほど前私が「友達がブログで稼いでるよ。あなたもやってみたら? どうせ記事を書くんなら無償よりお金になったほうがいいんじゃない?」と言ってもまったく聞く耳を持ちませんでした。 ナンテガンコナンダ… 😈

どう考えてももったいないと思ったので3回くらいプッシュしたらようやく有料のwordpressに移行しました。

書き溜めたトータル200ほどの記事をworpressに移すのはかなり大変だったようです。

 

しかし3か月後にこれがドッカーンと大化けしたのです!

アクセスは一気に月20万を超え、報酬も短大卒事務員の月給並みに上がりました。

普通は3か月でここまでにはなりません。

ひとえに彼の記事内容が秀逸だったからです。

 

彼は最近は本業が忙しくてブログの更新も止まったままですが、それでも収益は安定しています。

記事を書かなくても毎月収益が発生する

 

これぞまさにストック型ビジネスです。すごいことですね☆

 

スポンサーリンク

 

5、ブログを書くとボケ防止になるかも

 

書くということはとにかく頭を使いますよ~。

まして日記と違って全国に公開するわけですからヘタなことは書けません。

常にネタを探しして、情報をキャッチするアンテナの感度が格段に上がります。

どうやったら役に立つかなー、どうすれば面白く伝えられるかなーばかり考えてます。

撮影することも多くなりました。

 

こういうのを『ブログ脳』と言うそうです。

これだけ頭使ってればボケそうにないです。

、今はボケるという言葉は禁止??  認知症になりそうにないです。

 

中高年にブログをお勧めしたいけど

 

ブログを構築するまでは本当にものすごく大変です (´;ω;`)ウッ…

慣れるまでは1つの記事を書くのに何時間もかかります。

そのため目がすごく疲れるんですね。

 

パソコンに張り付いてる時間が膨大に多くなるので、運動不足にもなります。

テレビを視る時間も極端に減るため、お友達との会話についていけなくなるかもしれません。

 

それらのデメリットはあるけれどやっぱりお勧めします。

あなたもブログを書いてみませんか~。

 

スポンサーリンク

文章で説得するのはもう古い。 気付いたら買っていた現象を意図的に作り出す、心理誘導ライティング技術。

ストレスを減らして楽~に生きたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。 管理人のミオレナと申します。 50代で長野県在住。本業は金融関係の営業です。  世の中とても便利になったのになぜか毎日の暮らしはバタバタと無駄に忙しく心の中にはいつもちょっぴり不安を抱えていませんか。 人生も半ばを過ぎてくるといろいろしんどくなり、ちょっとしたことにストレスも感じるようになりました。 どうせ一度しかない人生なのだから極力ストレスをなくしてスッキリと楽しくすごしたいです。 自分だけでなく自分と関わってるたくさんの人たちの生活→人生が、今よりほんのちょっとでもストレスフリーでhappyになってほしい。 そんな願いを込めて、独自の視点と経験でお役立ち情報を発信していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。