熊本地震発生 2016年4月14日 これは一体….

2016年4月14日夜に発生した熊本を震源とする地震は、未だ余震が続き予断を許さない状態です。 亡くなられた方々のご冥福を心からお祈りするとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

24975533673_1fcf6520a9photo credit: Ruin #3 via photopin (license)

熊本に地震が起きたのは珍しいと思います

私は51年間生きてきた中で、911同時多発テロ、阪神・淡路大震災、311東北大震災などをリアルタイムで見てきました。

つくづく ”大変な時代になってしまった!” と思ってます。

 

少し前に数人の知人と『そう遠くない将来に来るだろうXデー』『地震予知と兆候』について話していた矢先に起きてしまった今回の熊本地震。

偶然でない何かを感じざるをえません。

本当は、日本は危機的状況なのではないでしょうか

 

もしかして偉い人たちは何か重大なことを隠しているのではないでしょうか。

 

熊本地震の特徴と謎

 

1. 大きな余震が多い

気象庁によると、震度1以上の余震の回数は4月15日正午現在で125回、地震の強さは震度6強を1回、震度6弱を1回、震度5弱を2回、震度4を16回観測されたとのことです。

その後も比較的大きな揺れを伴う余震が続いています。

 

余震の起きた地点を見ると断層を沿うように発生していることがわかります。

このことから、この活断層が動いたことで地震が起きた可能性が高いと気象庁はみています。

 

2. 震源が浅い

 

深さ10km程度の浅い場所で連発しています。

このため、非常に強い揺れが発生したことで家屋の倒壊が起きたので結果的に窒息死や圧死が多くなった、と考えられます。

 

3. ガル値が高い

 

ガル(Gal)とは、地震の揺れの強さを表すのに用いる加速度の単位のことです。

1ガルは毎秒1cmの割合で速度が増すことを示します。

 

今回の地震で震源地からおよそ5km北の熊本県益城町のデータはなんと1580ガルを記録しました!

これは阪神・淡路大震災の際に神戸で観測された値の約2倍であり、新潟県中越地震の時とほぼ同じです。

 

なお世界最大の地震による加速度は、2008年6月に発生した岩手・宮城内陸地震で記録されました。

岩手県一関市で観測されたのは4022ガルです!

この記録は『人類史上最大の揺れ』としてギネスブックにも載っています。

 

熊本地震と中央構造線

 

2016年4月15日に突然ラインが入り、日本列島の大断層を結んだ赤い線のことについてなにやら騒いでいました。

”あ、中央構造線のことを騒いでる!”

 

中央構造線とは

WS000019

今回の熊本地震と中央構造線が関係してるかどうかは正直わかりません。

これについては、歴史家の保立道久氏が自身のblogで述べられています。

http://blogos.com/article/172078/

 

熊本地震の裏でこんな出来事が起きていた

 

大きな災害が起きるたびにささやかれることがあります。それは……

ある重要なニュースをカモフラージュするために引き起こされたものではないか!?』ということ。

 

そこで今回の熊本地震で、地震報道の他にどんな出来事があったのか調べてみました。

特に注目したものを挙げてみます。

 

1. パナマ文書発端の法律事務所前でデモ

この問題は、パナマの法律事務所「モサック・フォンセカ」から流出した文書によって、各国の首脳などがいわゆるタックスヘイブンにある企業を通じて金融取引を行っていたことが明らかになったものです。
法 律事務所の前では13日、労働組合の呼びかけでおよそ50人が集まり、徹底した捜査を行って速やかに真相を明らかにするよう求めるデモを行いました。参加 者たちは「この国は一部の大金持ちのための楽園で、地球上で最も格差のある国の1つだ」などと書かれたチラシを配り、「正義を」などとシュプレヒコールを 上げていました。

(NHK  NEWS  WEBより)

 

2. 芸能界に覚せい剤汚染広がる

◆ 1999年から2003年にかけて『歌のお兄さん』を務めた杉田あきひろ容疑者が、覚醒剤取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕されました。

 

◆ 音楽グループCCBの元メンバーの55歳の男が、再び覚醒剤を使ったとして逮捕されました。

 

3. TPP法案、今国会見送り言及 審議日程の確保難しく

 

 自民党の佐藤勉国対委員長は十三日、環太平洋連携協定(TPP)の承認案と関連法案について、今国会中の可決・成立を見送る可能性に言及した。八日から審議が中断していた衆院TPP特別委員会は、十五日から審議を一週間ぶりに再開することで自民、民進両党が合意した。

(東京新聞WEB版より)

あとがき

 

地震が起きた翌日4月17日、福岡に住む知り合いが心配になって電話を入れてみました。

そしたら彼は「福岡はたいしたことないっちゃ。これから○○に向けて出発するけ」

と拍子抜けするようなことを言っていました。

熊本の震度が大きいわりには、近隣の福岡の揺れが小さいことが意外でした。

 

近年の地震に不信感を抱く者も多いようですね。

私も例外ではないですが、真相は解らないのです。

どうにも確かめようがないのです。

 

言いたいことは、目に見えるモノや表に出てる情報だけを鵜呑みにするのは危険だなと思います。

常に自分の頭で考え、フィルターを外して中立・客観・俯瞰の視点を持つことが大切だと思うのです。

常識というものが場所や時間をズラせば非常識になることだってあり得ます。

 

今まで幾度となくささやかれてきたXデー。

それはそう遠くない日にやってくる気がするのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

文章で説得するのはもう古い。 気付いたら買っていた現象を意図的に作り出す、心理誘導ライティング技術。

もっと自由に魅惑的に人生をデザインしよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。 管理人のミオレナと申します。 本業は金融関係の営業です。 日々いろいろなかたとお会いする中で "お客様に喜んでいただくには どんなbenefits(益)を提供すればよいのだろう" ばかり考えております。 人が求めているのは 『モノ』自体ではなく それを通して得られるbenefitsであることがわかります。 自分はもちろん 自分と関わってるたくさんの人たちの生活→人生が 今よりほんのちょっとでも良くなってほしい。 そんな想いで 暮らしやお金にまつわるお役立ち情報を発信していきたいと思いますので どうぞよろしくお願いいたします。