バレンタインデーに娘に贈って喜ばれたプレゼント

今年もまた大型スーパーの一角に華やかなバレンタインのコーナーが設けられていた。いつもは素通りするその空間に初めて足を踏み入れてみる。チョコは要らない。ひとつ気になるものがあって購入した。娘のプレゼント用に買ったものとは……

スポンサーリンク

バレンタインデーに贈ったソックス

自慢じゃないが生まれてこのかたバレンタインにチョコレートをあげた記憶がない。

チョコレートは自分が食べたいときに買って食べるだけ😊ビターの。

男っけがなく愛だの恋だのにも無縁だからバレンタインデーの日も関係なし。

 

今年も大型スーパーに設けられた特設コーナーを素通りするはずが、なんとなく目に入ってしまった。

目が目に入ったのだ。

なんの目かって?

ソックスに描いてあった目。目。目。

外国のキャラクターかなにかだろう。直感でカワイイと思った。

16歳の娘にプレゼントしようと思った。

 

彼女は自分の性を受け入れるのが困難な、どこからどう見てもボーイッシュな女の子。

見た目も中身も90パーセントは男の子だ。

足のサイズは27センチくらいある。

身長も、比較的大柄な私より10センチ以上大きい。

そして超クールだ。

二人でいるときはお互い照れてほとんど喋らない。

けれど心の奥底で通じ合ってるとは思う。

そう思いたい。

 

娘が中学生くらいになってからは何かをプレゼントする機会もめっきり減った。

高校生になって一生懸命バイトしてる彼女にたまにはご褒美をあげようか。

 

画像に載ってるソックスを2足買った。黄色と黄緑色の。

このソックスになぜ惹かれたのか。

他にもソックスはたくさん売ってたのになぜこれが気に入ったのか。

 

それはディスプレイのしかただと思う。

ふつうソックスはこんなふうに横向きに重ねて売られている↓

 

ユニークなソックスだからプレゼントしたくなった

 

ところがこの目がいっぱい描かれたソックスは、こんなふうに台紙が挟まれて短いタイツのようだ↓

 

裏はこうだ↓

 

こんなふうにペタンと畳まれたソックスは初めて見た。

もとは普通のソックスなのに、見せ方によっておもしろくなる。

 

バレンタイン商戦には乗らないつもりがまんまとヤられた。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

文章で説得するのはもう古い。 気付いたら買っていた現象を意図的に作り出す、心理誘導ライティング技術。

ストレスを減らして楽~に生きたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。 管理人のミオレナと申します。 50代で長野県在住。本業は金融関係の営業です。  世の中とても便利になったのになぜか毎日の暮らしはバタバタと無駄に忙しく心の中にはいつもちょっぴり不安を抱えていませんか。 人生も半ばを過ぎてくるといろいろしんどくなり、ちょっとしたことにストレスも感じるようになりました。 どうせ一度しかない人生なのだから極力ストレスをなくしてスッキリと楽しくすごしたいです。 自分だけでなく自分と関わってるたくさんの人たちの生活→人生が、今よりほんのちょっとでもストレスフリーでhappyになってほしい。 そんな願いを込めて、独自の視点と経験でお役立ち情報を発信していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。