賞味期限気にしすぎでは? こんなに食品が棄てられてます!

製菓工場に勤める男性がこぼしてました。「賞味期限までだいぶあるのにお店からどんどん撤去されてしまうんですよ…」 まだ十分食べられるのに棄ててしまうとはなんてもったいない! と考えるのは古い人間ですか??

スポンサーリンク

賞味期限どこまで気にしますか?

こんばんは ミオレナです。

あなたは賞味期限が過ぎた食品をポイポイ捨ててますか?

このあいだ職場の冷蔵庫の整理を30代の女性に任せたら「あたし、賞味期限気になるんですよね~」と言いながら片っ端からゴミ箱に放り込んでたので”オイオイ1日過ぎただけでも捨てちゃうの!?”と小姑根性丸出しで言ってしまいました。

職場の女性ほとんどが賞味期限を過剰に気にするようでして、ちょっとでも期限を過ぎた食べ物は無頓着な私に回ってくるのでラッキー♪って感じです😊

私はまったく平気。賞味期限なんてあくまで目安でしょ。

私にとっては日付けが基準ではなく『お腹を壊すかどうか』『怪しい匂いがするかどうか』が基準なのです 😆

だから1~2日過ぎただけで捨てちゃうなんて信じられないほどもったいない。

たかがパン一切れの食べ残しも賞味期限の切れたひとつの納豆も、まとまった単位でみていくとかなりの量になるはずです。

 

では、いったい我が国の食品はどれくらい廃棄されてるのでしょうか。

年間の食品廃棄量=約1800万トン。 金額にして11兆円分!

これはアメリカの約3300万トン(13兆円分)に次いで世界2位です!

日本は外国から大量の食糧を輸入しており、自給率も高くないのにこんなに廃棄してるのはおかしくないでしょうか。

賞味期限の気にしすぎが家庭ごみを増やしてる?

 

WS000006

引用:農林水産省 食料産業局『平成26年12月 食品ロス削減に向けて』

『家庭から出される生ごみの内訳』を見て驚くのは『手つかずの食品』が棄てられる割合が22.2%もあること!

そしてその内訳に『賞味期限内の食品ごみ』が約4分の1もあります!

幼いころから母親に「食べ物をムダにしないように」と躾けられてきた私からみると、もったいないと思わずにいられません。

世界の餓えに苦しむ人々に思いを馳せるのはもちろんです。

それだけでなく、食料が生産されるまでにかかった労働力、エネルギー、水、土地、肥料などたくさんの恩恵に対する感謝の念を忘れてはいけないと思うのです。

 

食品が大量に捨てられる原因は

■ 食品メーカー・スーパーなどで、売れ残りや返品された在庫品が多すぎる

出典:All About

これに関してスーパーなどではどんな対策を講じてるのかが気になります。

 

■ 古くなったので食べたくないので捨てる、など製造年月日に過敏すぎる。 (出典:Yahoo智恵袋)

期限内なら口に入れる食べ物が、捨てた瞬間からゴミになってしまうのですよ!  同じものなのに!

 

ここであらためて『賞味期限と消費期限の定義』を見てみましょう。

賞味期限 Best Before おいしく食べることができる期限
消費期限 Use- by date 期限を過ぎたら食べないほうが良い

これを見る限り、もしや賞味期限と消費期限を混同してる人が多いのではと思います。

賞味期限が過ぎても食べられなくなるわけではないので、日付けより自分の五感で判断することが大切ではないでしょうか。

 

食品の廃棄量を減らすためにできること

家庭でできることとしてこんなことがあります。

■ 計画的に買い物をする。

■ 食材を使い切る。

■ 冷蔵庫・家庭内の在庫管理。

■ 期限表示をきちんと理解する。

そしてなにより食べ物を粗末にしてはいけないことを子どもが幼いうちから教える教育と啓蒙だと思っています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

文章で説得するのはもう古い。 気付いたら買っていた現象を意図的に作り出す、心理誘導ライティング技術。

ストレスを減らして楽~に生きたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。 管理人のミオレナと申します。 50代で長野県在住。本業は金融関係の営業です。  世の中とても便利になったのになぜか毎日の暮らしはバタバタと無駄に忙しく心の中にはいつもちょっぴり不安を抱えていませんか。 人生も半ばを過ぎてくるといろいろしんどくなり、ちょっとしたことにストレスも感じるようになりました。 どうせ一度しかない人生なのだから極力ストレスをなくしてスッキリと楽しくすごしたいです。 自分だけでなく自分と関わってるたくさんの人たちの生活→人生が、今よりほんのちょっとでもストレスフリーでhappyになってほしい。 そんな願いを込めて、独自の視点と経験でお役立ち情報を発信していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。