死ぬのが怖い。その恐怖から逃れるには。 (後編)

私は幼少期から、”自分が無くなってしまうことへの恐怖”を絶えず感じてきました。

調べてみたら同じように感じてる人が意外に多いのです。

前編で『なぜ死ぬのが怖いのか』を中心に話しました。

後編では、どうしたら克服できるのかを探ってみることにします。

 

8601923511_3723a78b94photo credit: Amas d’étoiles des Pléiades (M45) via photopin (license)

スポンサーリンク

死ぬのが怖い3つの理由

前編で、一般的に死への恐怖には三種類あると話しました。

ひとつ目は ”生存欲求から湧きあがってくる恐怖”

ふたつ目は ”未知の体験に対する恐怖”

みっつ目は ”自分が消えてしまうことの恐怖”

ひとつ目とふたつ目の恐怖は、どちらかというと直前までの過程と死ぬ瞬間に対する恐れを指してると思います。

つまり ”痛いのか” ”苦しくないのか” ”家族に迷惑をかけたくない” などの想い。

 

多くの人は安らかに最期の瞬間を迎えたいから、ピンピンコロリなどという言葉を使い、ピンコロ地蔵にお参りに行く。あるいは何かを信仰します。

私が思うに、ひとつ目とふたつ目は信仰によって対処できる可能性があります。

 

しかしみっつ目の ”自分が消えてしまう恐怖“は、信仰によって克服するのは難しいという気がするのです。

自分が消えてしまうことを ”虚無化する“ と呼ぶとしましょう。

虚無化への恐怖は拭い難く、その痛みはズキズキと鋭く、考えれば考えるほどどうしようもなく苦しくなってくるのです。

26326545402_e234365557_nphoto credit: treasure hunters via photopin (license)

 

虚無化することへの恐怖を克服するには

 

いくら恐いからといっても、朝から晩まで意識してるわけにはいきません。

ふいに訪れるその恐怖を打ち消すためには、頭の中をサッと切り替える必要があります。

結局は、なにか外部からの働きかけではなく、やはり自分の考え方なのですね。
そこでこんなふうに考えてみました。

生まれる前も虚無だったと考えてみる

 

もう、だいぶ昔に読んだ海外女流作家による本の一節に、こんなやりとりがあったのです。残念ながら題名は覚えていませんが。

虚無化することへの恐怖を訴える著者に対し、友人が放ったひとこと。

なにを言ってるの。あなたが生まれる前も ずっと虚無だったじゃないの

 

ハッと目が覚めた気がしました。

たしかに自分がこの世に生を受けてからの時間は、気が遠くなるくらい壮大な宇宙の歴史からみると、ほんの一瞬にすぎません。

それ以前の “無”だった状態のほうが、無限に近いほど長い時間だったわけです。

ですので、死ぬということは、再びかつての状態に戻っていくだけのことと考えることができました。

 

ただし自分が亡くなった後の時間は永遠であり、その永遠という概念を考えるのもまたとてつもなく恐ろしいことなのですよ。

 

単に眠ってる間の状態と同じと考えるのはどうでしょう?

熟睡中ははっきりとした意識がありません。

意識がないから、消えることの恐怖も感じることすらできません。

 

どうせ死ぬ間際は思考力も落ちてるだろう、と考えてみる。

若くして亡くなるのではなく、老衰で亡くなると仮定した場合、”その頃の自分はおそらく判断能力が乏しくなってて、まともな思考ができないほどになっている” 、と推察することで若干の安堵感を得られるかもしれません。

この考え方も私にとってはやや効果的です。願わくば誰にも迷惑かけない認知症になって、臨終の間際はまるで赤ん坊のように訳がわからなくなりたい。

 

“死んでも自分の魂は残る”というふうに考え方を変える

感覚的な問題ですが、無になるより魂が残ると考えたほうが、なんとなく嬉しくなるのではないでしょうか。

 

虚無化することの恐怖より、後悔する人生を送るほうが恐怖だと考える

これです! 結局このように考えることが一番腑に落ちました。なぜか逆にムクムクとやる気が起きてきたのです!

ここであなたにひとつ質問します。

たくさんの人の臨終を見てきた医療従事者の人に、「死にゆく人々が最期に発した言葉で一番多いものは何か?」と尋ねました。さてその答えは何だと思いますか?

「ありがとう・・・」だと思いますか? 私はそうだと思いました。

「お母さん・・・」だと思いますか?

「さようなら・・・」はどうでしょう?

 

答えは「こんなはずじゃなかった」だそうです。衝撃的な回答ではないでしょうか。

とても切なくて、とても複雑な思いに駆られます。最期にこんな言葉をつぶやくということは、人はいかに我慢を強いられ、やり残したことが多くあるのかということの裏返しということですよね。

 

であるなら、余計な見えざる壁や心の中の枠を外して「あ~~幸せな人生だった…」と思いながら死ねるように、最後の最後まで思いっきり充実させようではないかと思うのです。

つまらない我慢をしないで。人の目や世間体を気にしすぎないで。先入観・常識にとらわれすぎないで。

自分の正直な気持ちに忠実に。好きなことを好きなだけ。

あたりまえのことだけど、本当に人生は1回きりで、生まれ変わることはできないと私は信じてるので。

 

以下は 無名の水兵の言葉です。

「明日も生きられると思えば人は何もしない。今日死ぬと思えば、人は英雄になれる」

なんという名言でしょう!

 

あとがき

繰り返しますが一番大事なのは、死んだ後のことではなく、死ぬまでの “生” の時間だと思います。

この生きてる間の時間を、ずっと怖がってビクビク生きるか、それとも怖がらずに生きるのか。

後悔しないで死ぬことを人生最大の目標にしたとき、おのずと、毎日の一分一秒を大切にし、全てのものに感謝し、幸せを感じながら過ごすことに繋がると思うのです。

こう考えると『死』と真剣に向き合った人ほど、より良い人生を送れるのだから、気づいた人はラッキーです。

つまりは『よく生きることはよく死ぬこと』なのです。反対に、死をとことん見つめていない人が他人をいとも簡単に傷つけてしまうんだと思います。

だから人はひとりになって、深く深く思いを巡らせる時間を持つことが大切になってくるのです。

 

いかがだったでしょうか。

死の恐怖に苦悶してるあなたの心を、少しでも軽くするお役に立てたなら、こんなに嬉しいことはありません。

 

2016年8月7日 加 筆

 

思うがままに綴ったこの記事を、毎日たくさんの人に読んでいただき本当にありがとうございます。

 

ある日曜日の朝、たまたまリアルタイムでアクセス解析しておりますと、こんな言葉で検索されてるのだとわかり、

なんとも言えない気持ちになりました。 そのときのキーワードは『臨終の恐怖を克服する』。

 

みなさん本当にさまざまな思い・悩み・苦しみを抱えており、一筋の光にすがる気持ちでネットという媒体に回答を見出したいのだと思います。

そういう個々人の『想い』に触れるたびに、慎重かつ丁寧に発信していかなければ…とあらためて思いました。

もしよろしければいつでも忌憚なきコメントをしていただくと嬉しいです。

なお、前編はこちらです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

文章で説得するのはもう古い。 気付いたら買っていた現象を意図的に作り出す、心理誘導ライティング技術。

もっと自由に魅惑的に人生をデザインしよう

2 件のコメント

  • 全ての 宇宙のシステム 進化しつつ出来上がって流れているのだから、死も 今の時点では ベストな 成り立ち なのかも〜

    死も 終わり ではなく 経過地点 でしかないのでは〜〜と、何となく、 でも、確信に近く 思っている。

    • 言葉 遊 様

      コメントありがとうございます☆ 
      『全ての宇宙のシステム 進化しつつ出来上がって流れている』という概念
      初めて聞きました。 そこのところもっと知りたくなりました。

      「死は経過地点でしかない」というのは、「宇宙の流れから見た自分の命は」という意味でしょうか。

      言葉様というニックネームの如く魅力的な思想をお持ちだと直感しました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    はじめまして。 管理人のミオレナと申します。 本業は金融関係の営業です。 日々いろいろなかたとお会いする中で "お客様に喜んでいただくには どんなbenefits(益)を提供すればよいのだろう" ばかり考えております。 人が求めているのは 『モノ』自体ではなく それを通して得られるbenefitsであることがわかります。 自分はもちろん 自分と関わってるたくさんの人たちの生活→人生が 今よりほんのちょっとでも良くなってほしい。 そんな想いで 暮らしやお金にまつわるお役立ち情報を発信していきたいと思いますので どうぞよろしくお願いいたします。