霊は怖くなかった。霊に守られやすい人はこんなタイプ

このブログもついに幽霊ネタか!  唯一の気がかりは、この記事を読んだ人のページにいったいどんな広告が貼られるのかということ。もしやスポンサーリンクに掲載されてるのは心霊スポットの宣伝だったりしますか?? 怖かったらごめんなさいね。

photo credit: Sergio Otero Presencias via photopin (license)

スポンサーリンク

見えなかったけど確かに感じた霊

こんばんは ミオレナです。 8月ももう終わり。

そういえば最近テレビで怪奇特集がめっきり少なくなったそうですね。なぜでしょう?

昔は、生放送中に掛け軸の目が開いた! などという未だに解明されてないことが実際に起きたのです。小学5年生のころリアルタイムで視てました。

(※このTV生放送中に掛け軸の目が開いた現象はyoutubeに残っています。約40年前の映像で画質は荒いですが、開いたところはハッキリわかります。かなり怖いので苦手な人はくれぐれも注意してください)

 

あなたは幽霊見たことありますか?

よく子どものほうが霊感強くて、大人になるにつれてだんだんと弱くなってくると言われてますね。

私は子どもの頃も大人になってからも全く霊的なものには無縁でした。

ですが、たった1度だけ現れたことがあるのです。

 

それは13年前、ダンナが亡くなってからちょうど1週間たったころ。

私は3歳の娘と並んでベッドに寝てました。

明け方6時くらいでしょうか。目覚めるギリギリまで夢を見ていたのです。それは、友人のS子がなぜか私に膝枕をして頭をなでてくれる夢。S子が夢に出てきたのは初めてでした。

なんだかとても心地いい夢でした。

目が覚めてまどろんでいると、

なんと誰かが私の頭をゆっくりとなでてるではありませんか!

 

ええええ!? な、なにこれ!?   さっきの夢の延長!?

いや、夢なんかじゃない。既に目覚めて部屋の中が見えてたんですから。

最初は娘が触ってるのかと思いました。でも振り返ると娘はスヤスヤ眠ったままなのです!

大きな温かい手のひらが私の頭を強くゆっくりと2回なでました!

よく大人が子どもにいい子いい子するようなあんな軽い感じではありません。 指先から手首の辺までをビッタリと押し付けて滑らせる感覚が間違いなくあったんですから。

その約7秒の間私は目を開けたままでした。

過去に金縛りにも2回遇ってますが、そのときの身体状態とは違います。

 

不思議と怖いという気持ちはなく、むしろ安心感に包まれてました。

直観的にきっとダンナだ!  あのひとが「大丈夫だからね」と守ってくれてるんだと思いました。

スポンサーリンク

 

霊が守ってくれたんだと思ったできごと

今から8年ほど前です。当時も営業の仕事をしてました。

ある日の夕方、お得意先の訪問を終えて会社に戻ろうと運転してたとき、一時停止を怠って脇道から出てきた車に追突されました!

はずみで左側の歩道に出ないように咄嗟にハンドルを逆に切ったら対向車線に飛び出し、そのまま民家の門に侵入!

郵便局の壁にぶつかって停止しました。その間わずか7~8秒でした。

よく世間の噂では『事故を起こした瞬間は自分の過去が走馬灯のようによみがえる』と聞いてましたが本当にそうでした。しかもぶつけられた瞬間の前後に見た景色がスローモーションのように驚くほどゆっくりだったのです。

ぶつけられた時はもうダメだ~と思い悲鳴を上げてました。悲鳴というより声にならない声。咄嗟の瞬間は声が出しにくかった。

なぜかブレーキは効かなくなってたから門に入った後にゆっくりと壁にぶつかったのです。

車はほぼ大破。郵便局の壁も当然破損しました。

 

ところが私は無傷だったのです!

 

かすり傷ひとつなく、ムチウチにもなっていませんでした。

対向車線に飛び出たときも、幸いすべての対向車が上手く避けてくれて、結局1台もぶつかることなく1人もケガ人を出さなかったのです!

あれだけの事故なのに本当に奇跡としか言いようがありません。

 

あの人が守ってくれたんだ、と思いました。

 

霊が守ってくれやすいのはこんなタイプの人

おそらく九死に一生を得たことのある人は多いでしょう。

私は時々思うのです。 どうしてちょっとしたことで命を落としてしまう人もいれば、なにごともない人もいるのか。

それは単なる偶然なのか。その差はいったいなんなのか。

もし意図的に良い運を呼び込めるものだとしたら、努力して常に運を味方につけたい。

そう思ったのでいろいろ調べてみました。そしてどうやら『霊に守られやすい人の特徴』というのがあることがわかりました。

① 素直で心が綺麗な人

② すべての人・ものに感謝の気持ちを忘れない人

③ 嫉妬や憎しみの感情に左右されない人

④ 勘が鋭い人

⑤ 常に全体の利益を考え、利己的にならない人

⑥ 守護霊や神様にお願いしない人

⑦ 現状に満足せず常にチャレンジし続ける人

⑧ ご先祖様を大切にする人

まとめてみると総じて前向きで、心の美しい人ですね。このようなタイプの人を守護霊は守りたくなってしまうそうです。

私は⑧以外は当てはまってると思いました。

 

守護霊はどんな人にも必ず1体は付いてると言われています。どうせなら守護霊の強い守りが欲しいものですよね。

自分の心がけによって守ってくれる霊の質を変え、魂を成長させ、残りの人生をより良いものにしようと思います。

よければこちらもどうぞ→『死ぬ恐怖から逃れるには』

死の恐怖から逃れるためには (前編)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

文章で説得するのはもう古い。 気付いたら買っていた現象を意図的に作り出す、心理誘導ライティング技術。

もっと自由に魅惑的に人生をデザインしよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。 管理人のミオレナと申します。 本業は金融関係の営業です。 日々いろいろなかたとお会いする中で "お客様に喜んでいただくには どんなbenefits(益)を提供すればよいのだろう" ばかり考えております。 人が求めているのは 『モノ』自体ではなく それを通して得られるbenefitsであることがわかります。 自分はもちろん 自分と関わってるたくさんの人たちの生活→人生が 今よりほんのちょっとでも良くなってほしい。 そんな想いで 暮らしやお金にまつわるお役立ち情報を発信していきたいと思いますので どうぞよろしくお願いいたします。