女だけど女が苦手。その5つの理由とは。

初めて告白します。わたくしことミオレナの性別はいちおう女だけど、ホントは女の人が苦手です。友達は男ばっかで、恋愛感情はお互いない・・です。たぶん間違いなく・・ない・・です。 レディー扱いされるよりオヤジ扱いされるほうが7倍くらい嬉しい☆ そんな野郎ともだちが何人もいて毎日楽しいわけですが・・・

27296434384_bb90bb4dfbphoto credit: kellytarala It’s All In the Eyes via photopin (license)

スポンサーリンク

女のココが苦手だ

▼被害者意識が強い

なんの因果か職場は女ばかり。男性上司がひとりです。

いったいどれほどの修羅場が日々繰り広げられてるのか想像に難くないでしょう。

一見美しいハーレムを形成しながらも、水面下ではそれはそれはおどろしい女たちの感情がうごめいている・・・

このひとりの男性上司をめぐっての争いだけならカワイイものですが、ここにボス女同士の見栄の張り合いも加わります。

さらに残りの女たちの牽制しあい、さらに新人イジコジがわずかに絡んでくるからなんとも複雑怪奇。

入社前からある程度の覚悟はしてましたよ はい。 でも苦手なモノを避けるんじゃなくて、敢えてこの “るつぼ” に飛び込んでみたのは好奇心と怖いもの見たさの賜物。安全ゾーンばかりの人生じゃつまらないじゃないですか。

 

ボス女はA・B・Cと3人おり、それぞれが小グループに分かれてます。 AもBもCもそれぞれまるでタイプが違う。

中でも一番女をふりかざして上司にゾッコンなのがボスB。で、Bの部下のb子はちょっと依存心が強くて泣き虫さん。

実はこのb子みたいなタイプが意外と男ウケするのよね 😎

 

ある日の夕方、b子から突然電話がかかってきたのです。用件はBのこと。

半ベソかきながら「Bさんがね・・仕事として大切なことをぜんぜん私に話してくれない」「私がBさんに話したことを全て上司に話してしまい情報が筒抜けになってる」「Bさんがいつも私からいろんなことを探ろうとしてる」などなどかれこれ1時間ほど聞かされてしまいました。

その頃私は入社してそんなに年月が経ってなかったので、内情がよくわかりませんでした。ですので泣きながら訴えてくるb子に対して真剣に聴いてあげて、親身に対応してあげました。

ところがその後の様子を見ていると、やけにb子がBと行動を共にすることが多いんです。それに言動が似てるなと思うことが多くなりました。

そのうち他の同僚からも「あの二人は似た者同士だよ」と聞くことがあったりして、確信するようになりました。

”なあんだ 結局b子がBに敵対心燃やしてるだけなのかー あのとき1時間も真剣に話を聴いてあげた私はバカみたいじゃん”と思ってしまいました。

 

このようなパターンはBとb子だけに限らず、他のスタッフにもしばし見受けられるようになりました。

要は、ものすごく意識してるからこそ相手の言動が目につくだけのこと。

本当に嫌いなら気にしなければいいんです。。

4988331495_6b497dbc4a_mphoto credit: DeeAshley Died via photopin (license)

▼余計な忠告をしてくる

「〇〇さんには気をつけたほうがいいよ」---これはけっこう親しくしてたK子が、某先輩について私に言いました。 某先輩は魅力的で仕事もできます。 そのためなのか、毎日話題にこと欠きません。 ほとんどがネガティブな噂ばかりで、評価する声はあまり聞かないのです。

ですが私は実際接してみて、某先輩に悪い印象を持ったことがありません。むしろ”素敵だな”と思ってます。

エレガントな立ち居振る舞いは私には無いもの。真似ようと思ってもなかなかできることじゃないです。

そのうち、ある出来事があってK子が一気にみんなからの評判を落としてしまう出来事がありました。その出来事がなければたぶんK子の本性を知ることはなかったことでしょう。

「〇〇さんには気をつけて」と忠告してきた当のK子のほうがタチが悪く思えてきました。

あなたも似たような経験がありませんか?

 

今のところ某先輩からの実害があるわけではないし、誰がどんな噂をしようと私には関係ないことです。

噂話を撒き散らし先入観を植え付けてる人こそ、本当は気をつけるべき人物なんだと思うようになりました。

『自分の目で見た印象・自分の頭で考えたこと』だけを大切にしていきたいものです。

 

▼人によってコロッと態度が変わる

女同士だとチャキチャキしてるのに、男が来た途端にナヨナヨして2トーン声が上がる女っていないですか? なんなの アレって!?

飲み会だけじゃなく、外へ出ればあちこちで遭遇するこの場面。 背後でその声聞くたびにうわ~ってなっちゃう。

『男には可愛く見られたい』条件反射モードがバリバリですよ。男は高い声が好きなのかしらん??

私なんか男の前だと逆にドス利かせたいほう。ナメられたくないからね。

 

▼視野が狭い

特にママ友。 話題といえば子どものこと、習い事のこと、ダンナのこと、姑のこと・・・

そりゃあ主婦になれば『守り』に入っちゃうのはしかたない面もありますよ。かといっていつでも身の回り半径5m以内のことしか考えてないような人と話すのはオモロクない。

だからPTAも苦手。女子会も好きじゃない。

そうそう、うちの母も筋金入りの視野の狭さ。

テレビと近所の人の噂話が大好き。 ちょっとでも社会的な話をしようものなら、”あ゛~~難しくてわかんない!”と掻き消す始末。

母が知らなくて私が知ってることがあるのが癪に障るらしい。 80歳になっても私に敵対心を燃やしてますわ。

 

▼見た目で判断する

国民にとって良いことをしたとは思えない政治家が、見た目がイイだけで人気を集めてしまう傾向にあるこの国。

当人がなにをしたか、というより ”カッコイイか、感じがイイか”どうかのほうが大事みたいです。

為政者のほうもこの国の女の性質をよく解っているらしく、イメージ戦略がしばし功を奏します。

表層だけ見て本質を見ようとしないのは実は怖いことだと思います。

 

女だけど女が苦手のまとめ

以上『女が苦手な理由』を5つに絞ってみました。

ひとりひとりはイイ人に見える女も、群れると途端にダメになりますね。

こんなふうに女をひとくくりにして苦手って言ってる私だって女から見たら『苦手~』と思われてることでしょう。

ちなみにうちの15歳の娘も女が嫌いで、生まれてからほとんど女と遊んだことがありません。

「女とは遊びが合わない」って言ってます。 見た目も性格も男。

いいぞ Boy’s,  be ambitious !

スポンサーリンク

スポンサーリンク

文章で説得するのはもう古い。 気付いたら買っていた現象を意図的に作り出す、心理誘導ライティング技術。

もっと自由に魅惑的に人生をデザインしよう

2 件のコメント

  • 私のやっているブログ世界でも
    オフ会を通じて仲良くなるのはいいのですが
    女性って面倒くさいな…
    と思う話を結構聞きました。
    現在はそれに反旗を翻したオヤジ化女性も交えた
    「月いちオヤジ会」に参加しています。
    時事問題やら車の事を語り、
    焼き鳥食べて熱燗飲んで
    歌って踊って「気合いだぁー(笑)!」

    • おーともさん

      コメントありがとうございます☆

      『月いちオヤジ会』おもしろそうですね~。
      時事問題、車、焼き鳥・・もしや世間でこれらはオヤジの象徴??
      私フツーに大好きです(^u^)

      覇気のないモヤシのような現代人に喝入れたれ~
      気合いだ 気合いだ 気合いだあーー!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    はじめまして。 管理人のミオレナと申します。 本業は金融関係の営業です。 日々いろいろなかたとお会いする中で "お客様に喜んでいただくには どんなbenefits(益)を提供すればよいのだろう" ばかり考えております。 人が求めているのは 『モノ』自体ではなく それを通して得られるbenefitsであることがわかります。 自分はもちろん 自分と関わってるたくさんの人たちの生活→人生が 今よりほんのちょっとでも良くなってほしい。 そんな想いで 暮らしやお金にまつわるお役立ち情報を発信していきたいと思いますので どうぞよろしくお願いいたします。