女は子宮で考えてない。むしろ〇〇〇で考える。

『女は子宮で考える』とはたまに聞くが、その言葉を聞くたびに眉をひそめてしまう。『男は金〇で考え、女は子宮で考える』だったとしても同じだ。私はフェミニストではないし「女イコール子宮という言い方は女性蔑視だあ!」などと言うつもりもない。普段子宮なんか意識してないよ。むしろ・・・

スポンサーリンク

女は子宮で考えない

 

こんにちは。高崎のあの有名なグーテ・デ・ロワのラスクをいただいて、あらためて美味しさをかみしめてるミオレナです。

グーテ・デ・ロワとは『お茶会』のことだと包装の裏面に書いてありました。へ~~そうなんだー 😉

 

さて今回のテーマ『女は子宮で考えてない』の『女は』について。

もちろん私は女性の代表ではありません。

だからといってタイトルを『私は子宮で考えない』にすると、もとの格言がわかりづらくなってしまうので敢えてそうしました。あしからず。

 

おそらく大昔のヨーロッパ人の男が考えたであろう『女は子宮で考える』という格言。

言葉そのものには侮蔑的な意味はないのかもしれません。

ただ、使われるときには『男は理性的にモノを考える』に対し『女は本能的かつ感情的な生き物だ』というような、やや見下したいときに使われるような気がします。

 

「好きな人のことを考えると子宮のあたりがキュ~ンってなっちゃう」女もいるらしいので、あながち間違いはなさそうです。

 

この格言がいつ頃どんなきっかけでできたのか、といった小難しいことはwikiさんたちにお任せするとして。

 

子宮は単なるカラダの大切な器官のひとつ。

私にとってそれ以上なにのものでもないです。

 

男も女も脳みそで物事を考えるのは子どもでもわかる当たり前のこと。

 

ですが毎日の行動パターンの中で、私にとって中心的存在となってるのは子宮ではなく『腸』です。

『腸』の状態が基準になっているとしか思えません。

photo credit: Franck Genten P6d_011_rampe hélicoïdale_spiral valve_Acipenser gueldenstaedtii via photopin (license)

 

腸は地味な司令塔

 

女が集まると血液型の話題と同じくらい出てくるのがウ〇チのこと。

いつから出てないだの、お腹壊してる最中だの、ゆる気味だから食べ物がどうのこうのとか。

 

入院病棟でも「出なくて困った~」とペチャクチャ盛り上がるのは決まってオバチャンたち。

 

この私も例外ではなく、3年くらい前から急に意識するようになりました。

仕事がら毎日外に出て人と接しなくてはいけないからです。

 

以前ブログにも書きましたが、私にはトイレパニック症候群のコンプレックスもあります。

できるならば便器を背負って歩きたいくらいですが、現実的にはせいぜい常にトイレの場所を確保しておくのが関の山😿

 

その日の気分はお腹の調子によって決まるといっても過言ではありません。

毎朝スッキリなら毎日ハッピーでしょう♪

 

実際そんなことはまずなくて、極めて不規則で気まぐれなもんです😿

朝スッキリしないと突然いつスッキリしたくなるかサッパリわかりません。

 

あなたもイライラしませんか? ちゃんと出てないとき。

 

そんなときはお気に入りのトイレが近くにない山間部に仕事に行くのは辞めよう、と勝手に予定を変更します。

お客様の家に長居するのもお茶をいただくのも控えたくなります。

 

「ちょっとお手洗いお借りしていいですか」とは極力言いたくありません。

失礼なことですから。

 

それに・・・もし”シ~ン”と静まりかえったお宅で用を足してる最中に予想外の恥ずかしい音を立ててしまったらと考えると、とても恐ろしくてお茶なぞ飲めたもんではありません。

”つれない人ねえ”と思われようとサッサと退散します。

 

また、プライベートで異性と1対1になるシチュエーションのときも死活問題です。

お腹の調子がイマイチな時にまったく予期せぬタイミングで雄叫びをあげたらムードぶち壊しです。

 

こう考えると、腸の調子を整えていないとずいぶん損してるなと思いますよ。

 

そんなこんなで私の毎日は腸のご機嫌をとることで回ってます。

 

腸は脳より賢い

 

人間は脳死した状態でも呼吸と血液の循環さえ保てれば『腸はきちんと機能している』そうです!

幸せ物質のセロトニンやドーパミンも、腸で作られて脳に指令を送ってるんですって!

免疫を活性化して、病原菌を排除してるのも腸!

 

すごくないですか!?

腸は脳に支配されてないってことなんです!

 

お腹の中でただ暗~くウネウネしてる巨大いもむしではなかったんです!

もっといたわらなきゃいけないんです。

 

なにかを食べるとき、脳でなくて腸に「これは本当に必要なの?」と聞くことにしました。

 

下半身つながりでよかったらこちらもどうぞ↓

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

文章で説得するのはもう古い。 気付いたら買っていた現象を意図的に作り出す、心理誘導ライティング技術。

ストレスを減らして楽~に生きたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。 管理人のミオレナと申します。 50代で長野県在住。本業は金融関係の営業です。  世の中とても便利になったのになぜか毎日の暮らしはバタバタと無駄に忙しく心の中にはいつもちょっぴり不安を抱えていませんか。 人生も半ばを過ぎてくるといろいろしんどくなり、ちょっとしたことにストレスも感じるようになりました。 どうせ一度しかない人生なのだから極力ストレスをなくしてスッキリと楽しくすごしたいです。 自分だけでなく自分と関わってるたくさんの人たちの生活→人生が、今よりほんのちょっとでもストレスフリーでhappyになってほしい。 そんな願いを込めて、独自の視点と経験でお役立ち情報を発信していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。