お金の殖やしかた 『保険編』 その1

生命保険というと、万が一 亡くなったら…… 入院したら…..ガンになったら……

など もしも のためだけというイメージがあると思いますよね。

でもそれだけではないのですよ。

24476727002_26465a7420_bphoto credit: Just my two cents via photopin (license)

スポンサーリンク

 

保険でお金を増やせるって知ってましたか?

 

ところが意外と知られてないのは、お金を増やせる保険商品があるということ。

 

貯蓄型商品としてすぐに思い浮かぶのは、『学資保険』ではないでしょうか?

実はそれ以外にもいろいろあるのです。

 

そっそく見てみましょう。

 

 ① 低解約返戻金型終身保険

 

ちょっと難しそうな、耳慣れない名前ですよね。

『これだから保険は難しくて嫌いだ~』という声が聞こえてきそう(笑)

 

実は、保険会社は あまり売りたがらないのですが、

私が一番お勧めしている商品であります !

 

低解約返戻金型終身保険とは?

 

月払い または 年払いで、一定額の保険料を支払うことにより

一生涯の死亡保障がついてる、戻り金のある保険。

普通の終身保険よりも、保険料払い込み期間の解約返戻金を抑えることによって

保険料が割安になっています。

 

と、こんなふうに文字だけ読んでも、さっぱりわからないですよね。

 

低解約返戻金型終身保険の実例

 

例:  22歳 女性

● 死亡保険金額 : 200万円

● 払い込み期間 :  15年間

● 保険期間 : 終身

● 保険料 :  月々 7,112円

 

22歳の女性が、37歳まで毎月7,112円かけていくのですが、

万が一23歳で亡くなってしまった場合でも、50歳で亡くなっても

80歳で亡くなっても、200万円が支払われます。

 

このように亡くなってしまって、死亡保険金として支払われてしまうと

この保険の保障は終わってしまいます。

ですが、途中でお金を使いたいとき、好きなときに解約できるのです。

ではここで、どれくらいお金が戻ってくるのか見てみましょう。

 

スポンサーリンク

 

    解約返戻金の推移表

経過年数     保険年齢       解約返戻金額

1年     23歳       21,200円

2年     24歳                  53,800円

3年    25歳      92,200円

4年    26歳     136,400円

5年    27歳     187,000円

6年    28歳     243,900円

7年    29歳     307,900円

8年    30歳     378,100円

9年    31歳     454,800円

10年    32歳     538,300円

11年    33歳     626,600円

12年    34歳     721,500円

13年    35歳     823,100円

14年    36歳     931,900円

15年    37歳     1,308,000円 

16年    38歳     1,318,000円

17年    39歳     1,329,100円

18年    40歳     1,339,700円

19年    41歳     1,350,200円

20年    42歳     1,360,800円

….      ….       ……

 

この契約は、22歳の女性が15年間払い込むものでしたよね?

では、15年間支払った保険料の総額はというと

7112円×12(カ月)×15= 1,280,160円 となります。

 

そこで上記の推移表を見てみると、37歳時点で解約すると

1,308,000円戻ってくるのです。

 

払い込む保険料は1,280,160円以上増えることはないのに

経過年数とともに、返戻金が増えていくのがおわかりいただけるかと思います。

 

次の記事は→低解約型終身保険でお金を増やす

スポンサーリンク

文章で説得するのはもう古い。 気付いたら買っていた現象を意図的に作り出す、心理誘導ライティング技術。

もっと自由に魅惑的に人生をデザインしよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。 管理人のミオレナと申します。 本業は金融関係の営業です。 日々いろいろなかたとお会いする中で "お客様に喜んでいただくには どんなbenefits(益)を提供すればよいのだろう" ばかり考えております。 人が求めているのは 『モノ』自体ではなく それを通して得られるbenefitsであることがわかります。 自分はもちろん 自分と関わってるたくさんの人たちの生活→人生が 今よりほんのちょっとでも良くなってほしい。 そんな想いで 暮らしやお金にまつわるお役立ち情報を発信していきたいと思いますので どうぞよろしくお願いいたします。