ナンパされたとき、こんな服装と髪型してました。

女性が男性から狙われたっぽい報道がされると、とかく「どうせ女がミニスカートでも履いてたんでしょ」と、まるで女性が悪いかのように非難されることが多いですが、肩出し・ミニスカートでなくてもナンパされちゃうことはあるんですよー。

5721494140_316292e6f8_nphoto credit: Bloom girls via photopin (license)

 

ナンパ体験から振り返る、服装とヘアスタイル

 

こんにちは。  自由大好き・自然大好きなミオレナです。

先日ラーメン屋の女店主から「なに血迷ってんの!?」と、髪型をからかわれました。 ブロンドのWIGがすぐにバレたようです。 大好きなのにぃ(プリプリ) でも辞めないぞ(^.^)

 

さて、夏です。(←この記事書いた時は夏でした) 身にまとう布切れがどんどん少なくなってきてますね。

だからってわけではないんですが、ふと、過去のナンパ体験がフラッシュバックしてきました。

 

どちらかというと寒い時期より、暖かい季節のときのほうが多かった気がしますね。

ですが、間違っても ”ナンパされたいなー” なんて思ったこともなく、露出度の高い服を着てたわけではありませぬ。

 

ぜんぜん美人でなし、可愛くなく、愛想もなく、グラマラスなわけでもないのに、なぜ声をかける?

殿方の心理ってものが摩訶不思議で、未だにわからないことだらけです。

 

ナンパ エピソード(覚えてる範囲の)

 

その1. (10代後半のとき)  大学に向う通学途中の電車内で、普通のサラリーマンに。

【私の服装と髪型】 冬だったからロングコート? ヒザ丈スカート。 当時の私はダッサダサの黒髪セミロング。

このときはナンパというよりお触り目的のようでした。気持ち悪くて声も出せないものです(プンプン)

 

その2. (10代後半のとき)  隣町の駅の近くを歩いてるときに、背後からオジサンが「お姉ちゃん、お茶しない?」と。 私=無視。

【私の服装と髪型】 サマーニットのカットソーとフレアスカート。 黒髪のゆるふわセミロング。

 

その3. (20代前半のとき)      大学病院の待合室にて、某大手新聞記者からいきなりプロポーズ。

↓ 詳しくは「初対面でプロポーズ 」

【私の服装と髪型】 半袖・白地に細い横ストライプ模様のひざ丈ワンピース。  黒髪のセミロング。

 

その4. (20代前半のとき) スーパーで文房具を探してるときに、普通のサラリーマン風の男に目をつけられ、そのまま約10Km 車で後をつけられた。 私が会社に駐車すると、背後に停車した乗用車からその男が出てきてこう言った。

男「あのーおつきあいしてもらえませんか? 〇〇町からずっと付いて来たんです。」

私(ビックリしながら)「なに言ってるんですか!?」

男「お茶とかからでもいいんですが」

私「すいません。結婚してるんです」

男「結婚してたらダメなんですか?」

私「あたりまえじゃないですか!?」

そして男は静かに去って行った・・・おそるべし殿方の雄魂!

【私の服装と髪型】 会社の制服。  黒髪のセミロング。

 

その5. (20代後半のとき)  夜間、某駅にて、見た目フツーの若い男性から突然声をかけられる。

【私の服装と髪型】 半袖のダークグリーンのアフリカ民族衣装風のアウターにズボン。 黒髪のセミロングややウェーブ。

 

その6. (30代前半のとき)  某駅前にて、レディース系のお店のスタッフとしてスカウト。

【私の服装と髪型】 ちょっと丈の短い白のカットソーにジーンズ。 黒髪のセミロング。

 

その7. (30代前半のとき)  東京方面に向かう新幹線の車中で、アメリカ人牧師に。

【私の服装と髪型】 ややボディコン気味のオレンジ・黒のツートンチュニックとショートパンツ。 黒髪のロング。

アメリカ人牧師「(新幹線の車内で5mほど離れたところから近づいてきて)Wow!Hi ! ハローハローYou are beautiful なんたらかんたら!」  私=目が点。

アメリカ人「アナタ キレイ デスネ。 ワタシ ドキドキ シタヨ。」  私=目が点。

そして名刺をもらった。たしかに牧師だったが、”牧師がナンパなんかするかいな??”

 

その8. (30代半ばのとき)  某駅前のデパート入り口で、中年男性から。

【私の服装と髪型】 ブラウスとスカート?    ダークブラウンのロング。

 

その9. (30代前半のとき)    新潟方面の某展示会場のバス停でアメリカ人の学者から。

【私の服装と髪型】 紺色と白の太いボーダーのサマーニット+ジーンズ。   ダークブラウンのダサ系ロング。

 

その10. (30代半ばのとき)  ホームセンターにて若い男性につけられ、警備員に助けを求める。

【私の服装と髪型】 普通のカットソーにロングスカート?   ダークブラウンのロング。

 

以降はあまり記憶がなく、長年ブランクもありました。

そして、昨日、平成28年9月24日。 現時点で私なんと51歳でございます。

仕事で東京駅に行き、八重洲口出口あたりを歩いてるときに、すごい人混みの中、前方からスーツを着た年配男性がゆっくり私に近づいてきてぶつかりそうになりました。すれ違いざまにジロジロ見ながら大きな声で「お~~!なんとまあ素敵なお嬢さん!」と。 傍らにいた中年男性とともに振り返りながら満面の笑みを浮かべてました。

これはナンパとは言えないですね ハイ。

そのときの私の服装は、仕事で行ったので、グレーのインナー、黒のひざ丈スカート、真っ白いスーツジャケット。

髪型は、黒に近いダークブラウンのセミロングです。 どう見ても事務員風だと思いますが・・・

2616673466_ed77c8f93a_mphoto credit: Nadya via photopin (license)

 

ナンパされる側の心理

 

少なくとも私自身の例からすると、服装と、声をかけられる度合いはあまり関係ないことがわかってもらえると思います。 他の女性はどうか知りませんよ~。

 

正直な気持ちを言うと、 ビックリ > 怖い >   なんで?? >  気持ち悪い  です。

” そんだけ覚えてるのは密かに喜んでたからだろ”  というご批判もあるかもしれません。

でも、誰からなにを言われても、これが本当の気持ちです。

 

“隙があるからだよ”  という言い方も、よく一般的にされますよね。

たしかに、一部の女性はナンパされたいがためにわざと挑発的なカッコをして、そうなるようなシチュエーションを作ることもあるかと思います。

その証拠に、私が10km車で追跡され、帰社してすぐに同僚女性にその恐怖を報告したところ、彼女は開口一番「いいな~」って言いましたから。

願望のある人も確かにいるんですよ。

ですが、ほとんどの女性はそんなことなく、自然にしているだけではないでしょうか。

ではいったい『隙』を見せない言動ってどうすればいいんでしょ??

ザンギリ頭にして、黒ブチのメガネかけて、汚らしいカッコして、怖い顔してろってこと??

 

ナンパを避けるために女性がそこまで行動を規制されるのは嫌ですよねえ。

 

あとがき

 

昨日スーパーを買い物してたら、長~いつけまつげ付けた、クリンクリンのロングテールの上品な ”きれ可愛い” 女性が目の前を通りました。 うわーーー可愛い! ってバクバクドキドキ。

このあたりにあんな魅力的な人ってめったにいないですもん。

で、思わず声をかけようと思い、ジロジロ見ながら10分くらいずっと迷ってましたよ。”ここで声をかけなきゃ二度と会えん!! ”  と思ったし。

そしてハタと気づきました。 ”あっ これがナンパする男性の心理なのかも” って。

もしもナンパされたい気持ちの女性がいるとしたら

うふふ わかりましたよ。このナンパ記事にいったいどんな言葉で検索して辿りついたのかってことが。

たまたま見てた解析ツールで判明。それは「ナンパ されたい」の2語。

このキーワードで検索されてるのは、世の中にはたしかにナンパされたい人もいるということ。

そんな女性にミオレナが上から目線でアドバイスするとしたら・・・

秘訣は、ナンパされようと物欲しそうにしないこと。ケバすぎないこと。姿勢を良くすること。自分に合ったファッションをすること。

なんかそんな気がしました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

文章で説得するのはもう古い。 気付いたら買っていた現象を意図的に作り出す、心理誘導ライティング技術。

もっと自由に魅惑的に人生をデザインしよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。 管理人のミオレナと申します。 本業は金融関係の営業です。 日々いろいろなかたとお会いする中で "お客様に喜んでいただくには どんなbenefits(益)を提供すればよいのだろう" ばかり考えております。 人が求めているのは 『モノ』自体ではなく それを通して得られるbenefitsであることがわかります。 自分はもちろん 自分と関わってるたくさんの人たちの生活→人生が 今よりほんのちょっとでも良くなってほしい。 そんな想いで 暮らしやお金にまつわるお役立ち情報を発信していきたいと思いますので どうぞよろしくお願いいたします。