この世に絶望してるとき、何度見ても泣ける動画がある

簡単に涙を流せる人を信用しない。ひたすら赦しを請う涙、同情されたい計算づくの涙は好きじゃない。本当に本当に辛いときは涙も出ないものだ。そんな鋼の心を持つ私が何度見ても泣ける動画がある。あなたはこれを視てなにを想うだろうか。

何度見ても泣ける、やりすぎ都市伝説・関さんの言いたいこと

この世に涙を誘う映像や動画は五万とあります。

泣きたいからわざわざ探したわけではありません。偶然流れて来たんです。

文字起こし。4: 10~ 「(中略) 愛は自分がもらうものじゃないわけ。人に与えるものでしょ?   それが絶対的に必要なことなんだよね。 そこに対してゆっくりゆっくりね、ホントにこの~世の中がね、インターネットというものを通してでもね、いろんなところへ今まで声が通らなかったところにでも通ったりする世の中に対して、ホントにみんな一致一丸となってね、ホントにそこで存在しないと、世界がとんでもない方向に行くと思うわ。

だからどんな遭遇する場所場所においても、とりあえず一回一丸にしましょう、と。そしていったい何が正しいのかどうか世界的に全部ものごと見たうえで、今言っても言ってもだよ?  ホントにグルグルグルグルものごと見える世の中じゃん?

で、いろんなところから世界旅行だって国内の人だって世界にどんどん旅に出て、外の文化にも触れて、そんでまた国内に帰ってきて、で何が正しいのかをも一回問い正さなきゃいけない。自分自身に。そこでなにを学んだかっつったらやっぱり人と人とのつながりだったり、人との温もりじゃん?

その温もりは愛があるから温もりを感じてることでしょ?  わかる!?  愛があるから温もりを感じちゃうわけ。そしたらそこに嘘はねえよ!  ね!?  温もりを感じた瞬間に愛が湧き上がってることを実感して、もう無性に湧き上がる情熱を止めちゃダメだよ!  ホントにそう思うよね!

世界旅して俺なにをすごいみんなのおかげで学んだかって、愛の大切さだよね。うん、湧き上がっちゃうよ。無理だよね~情熱が止まらないよねーもうホントにさ。スゲー嬉しいんだよ(涙) マジで。スゲー嬉しいんだ(涙) こればっかりは嘘つけないんだよね。ホントに触れる人触れる人がみんな親切なんだよ(涙) だからもう嘘つけないよね。ホントに素晴らしいよ。

自分とかがね、ホントに意固地になってただけで、世界はホントにスゲー温もりで、ホントに温もりの中にみんな存在してるんだよね。スゲー嬉しさしかもう出てこねーよ。なに喋っていいかもうわかんねーけどよ。愛されてることをスゲー実感するよね。だからこそホントに未来を本気で作っていきたいんだよね。ヘタクソなやりかたしかできねーけどね。

でもなーつって……クッソー……でも本気でイイ未来を、輝かしい未来をひとりひとりの力で共に創らないと、この先ホントにとんでもない世の中になってっちゃうんだよ。それわかってる人たちがホント動き出してるの。そこ伝わってほしいなあ……それしかできねーよな? それしかできねーと思うけど。

そうゆうもんじゃねーかな……どうするかな……どうするかある種ホントに第6の時代とされるものでもなんでもいいよ、ホントに第7の時代、光の時代っていうものに対してさあ、ホントにみんなで考えていかないと……ね……光輝く存在でないと、各々がね、光り輝く存在であれ!~以下略~」

 

世の中に絶望するとき

この世にはわたしたち一般市民にはどうあがいても乗り越えられない見えざる壁があります。本当の自由はないと思うし、本当の真実に辿り着くことはできません。

正論がまかり通らないことも多く、理不尽なことも多いです。悪党のほうが優遇されたりしています。『戦争がない状態イコール平和』とは言えないのです。

ふと絶望してしまうのはそんなときなんですが、関暁夫さんのこの動画を見ると一抹の希望を見出すことができます。

“ひとりだけじゃない”

 

気づいた人が動き出してます。

まずは疑問を持つところから。知るところから。

 

私も愛を与えていきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

文章で説得するのはもう古い。 気付いたら買っていた現象を意図的に作り出す、心理誘導ライティング技術。

ストレスを減らして楽~に生きたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。 管理人のミオレナと申します。 50代で長野県在住。本業は金融関係の営業です。  世の中とても便利になったのになぜか毎日の暮らしはバタバタと無駄に忙しく心の中にはいつもちょっぴり不安を抱えていませんか。 人生も半ばを過ぎてくるといろいろしんどくなり、ちょっとしたことにストレスも感じるようになりました。 どうせ一度しかない人生なのだから極力ストレスをなくしてスッキリと楽しくすごしたいです。 自分だけでなく自分と関わってるたくさんの人たちの生活→人生が、今よりほんのちょっとでもストレスフリーでhappyになってほしい。 そんな願いを込めて、独自の視点と経験でお役立ち情報を発信していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。