マイホームを持たないという選択をした。シングルマザーの葛藤

50年以上生きてきてこれほど悩んだことはなかった。ママ友が最高に良い中古物件を紹介してくれたのだ。立地条件も建物も申し分ない。タイムリミットまでの約2か月の間フラフラになるくらい迷ったのだが、結果的に断ることとなった。理由はいくつかある。未練もあるぞよ。

photo credit: mrlerone The small house we stayed in via photopin (license)

(↑ トップ画像と本文の物件とはなんら関係はありません)

その中古物件はたしかに素晴らしかった

こんばんは ミオレナです。

あなたはマイホームを持って心から良かったと思いますか?

賃貸住宅に住んでるかた、マイホーム欲しいですか?

 

統計によると持ち家のある人は7~8割だそうですね。

ここでも私はやっぱり少数派だわ。

娘と公営団地に住んでかれこれ10年、この住まいに惚れ込んでいるのです。

広くてキレいで収納量バツグン。バリアフリーで安全でリビングからの眺めが最高☆ とても公営とは思えない素晴らしさながら家賃はなんと1万円台!

あまりに居心地よくてここで骨を埋めてもいいくらい☆ (※骨を埋める、とは猟奇的事件を犯すという意味ではありません(^.^))

 

ですので、マイホームに淡い憧れはあったものの今のままで充分満足でした。

 

そんな折、2017年8月のなかばごろでしょうか、さほど親しくないママ友ヒロミから珍しく連絡があったのです。

「ミオレナさん、家買わない?」と。

タイムリミットは10月末。それまでに決めないと公売にかけちゃうよって。

 

“えええ!?   そ、そんな~西友でお弁当買うのと訳が違うやん……でもありがたいお誘い♪”

 

もともとマイホームを物色してたならともかく、そうではなくてあまりに唐突だったからなんか自分とは別世界の話に思えました。当然お家を買えるほどの資金はまだ蓄えてなかったし。

ですので「えええ?  うちらに家なんて夢のまた夢の話だよ。もっと欲しがってる人いるでしょ? その人に譲ってあげて」とヒロミには気のない返事をしました。

ヒロミは「立地条件も建物もすごく良いよ。これ逃したらたぶん二度とこんなに良い物件は手に入らないかも。見るだけ見てみればぁ」と言いました。

そこまで言われてもまだ冷めてた私。自分たちにマイホームが持てるわけがないと決めつけてまるでひとごとです。

でも見るだけはタダなんだしどうせ断るなら見てから断ろうと思い、ヒロミに連れて行ってもらいました。

 

物件の場所は私の職場から車で10分ほど。娘のバイト先と学校からも同じくらいの位置関係です。

“もしここに住んだら通勤・通学距離が半分以下になるなあ……そしたら定期代が半分になるなあ……”

そんなことを考えながらあっという間に到着しました。

 

明るくて閑静な雰囲気の住宅地。銀行もコンビニも歩いて行かれます。

その中古住宅はこじんまりとしながらキレいでまるで新築。車も3台は停められるし、そこそこのお庭が付いてます。一目で気に入りました☆

工務店さんの案内で中に入ると、暖かくてプ~ンと木のイイ香♪ 「無垢木の呼吸を妨げないようにWB工法を使ってるんですよ」と説明してくれました。

WB工法??  初めて聞きましたよ。それだけでも得した気分♪ 10年ほど前に見学した〇〇ホームの化学臭のする新建材とはずいぶん違います。

ここに住みたい……

 

家のどこを見ても実によくできていて、状態も良好なのです。全室クーラー付きで、キッチンにはパントリーも備わってます☆

やはり実物を見ることはものすごく重要ですね。グッと現実味を帯びてきます。俄然欲しくなりました。ガハハ😊

 

マイホームを持つことに対する不安

家が気に入ったからといって即契約!?

まさかーそんなわけないですよ。問題は3つあります。

ひとつ目はもちろんお金のこと。

この物件はもともと金持ち都会人が別荘代わりに使ってたものなのです。だから小さめで、土地込みの価格も1400万前後とお手頃。おそらく大多数のかたが即決で購入できると思います。

もし私に5000万以上の預貯金があったら即決してたでしょう。

なぜに5000万??

なぜなら私はローンが嫌いだからです。ローンは借金と同じと考えてるからです。今まで車でもなんでも現金一括で購入してきました。それが賢い方法だったのか否かはわかりませんが、結果的にお金に困ったことはありませんでした。何十年もこういう姿勢できたため、いまさらローンを組むことにすごく抵抗があるんです。

それに仮に1400万一括で買ったとしても、各種手続きや修繕にお金がかかるし、毎年固定資産税がかかります。

さらに地震が多いこの国に於いて倒壊する可能性は低くはありません。そのためもう一軒分建てられる費用も確保しないと不安です。だから最低でも5000万円なのです。

 

巷でよく聞くのが「マイホームは将来的に自分の資産になる。どうせ家賃分のお金を払うんだったら家を買っておいたほうがいい」というセリフ。

はたしてこれを信じていいのでしょうか?  私はちょっと懐疑的です。

例えば、家が古くなるほどに価値が上がっていくイギリスなどの国なら解るんですよ。1000万円で買った家が50年後に1500万円になるかもしれません。

でも日本では逆ではないかしらん?  新築で買った家屋は30年もすれば資産価値はほとんどなくなるのでは? 建物としての価値はなくなるうえに修繕費ばかりかかるようになるのではないでしょうか。

 

ふたつ目の理由は親の介護問題。

両親とも80歳を過ぎてます。幸い今はかろうじて両親二人で実家に暮らしてますが、父も母もいつどうなってもおかしくない状態です。いざとなったら私が実家に戻らないといけなくなります。

みっつ目は移動しづらくなるから

ひとつの場所に腰を落ち着けることへの不安があります。

事前によく下調べをしたとしても、ご近所トラブルなどが起こるかもしれません。そうなったときに簡単に動けないと困りますよね。売却したとしてもすぐに売れるとは限りません。

生まれてから今まで7~8回引っ越しを経験しました。自分という人間には固定より流動のほうが性に合ってるのではないか、そんな気もします。

 

マイホームを持たないで賃貸のままでいよう

約50日間とことん悩んだ挙句、現段階では中古物件を買わないことにしました。

この決断が覆るきっかけはただ2つ。

1週間以内に宝くじで5000万以上当たるか、私に高級パトロンができたときだけです(^.^)

 

なんのかんの言っても実に悩んで実に楽しかった50日間でした。

紹介してくれたヒロミには心から感謝しています。今度ランチおごるね♪

 

よければこちらもどうぞ→

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

文章で説得するのはもう古い。 気付いたら買っていた現象を意図的に作り出す、心理誘導ライティング技術。

ストレスを減らして楽~に生きたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。 管理人のミオレナと申します。 50代で長野県在住。本業は金融関係の営業です。  世の中とても便利になったのになぜか毎日の暮らしはバタバタと無駄に忙しく心の中にはいつもちょっぴり不安を抱えていませんか。 人生も半ばを過ぎてくるといろいろしんどくなり、ちょっとしたことにストレスも感じるようになりました。 どうせ一度しかない人生なのだから極力ストレスをなくしてスッキリと楽しくすごしたいです。 自分だけでなく自分と関わってるたくさんの人たちの生活→人生が、今よりほんのちょっとでもストレスフリーでhappyになってほしい。 そんな願いを込めて、独自の視点と経験でお役立ち情報を発信していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。