会社の飲み会つまんない行きたくない人いませんか~?

会社の飲み会は行かなくていいよね。会社の飲み会なんて行きたくないよ。「親睦を深めるため」だって!? そんなの普段まともに仕事してりゃあ仲良くなれるさ。気の合わない人とはなにやったって合わないもんだ。

会社の飲み会つまらない

 

あなたは会社の飲み会が好き?

ストレス発散できる?

 

組織に属してれば避けられないもののひとつが会社の飲み会。

ハッキリ言って嫌いだ。

 

毎日朝から晩まで顔つき合わせ、家族以上に一緒にいるのになんでさらにつきあわなきゃならんの!?

仕事が終わった後はプライベートの時間なのだ!

大切な大切なプライベートを割いてまで飲み会に出たくないよ。

 

「あさっては飲み会ですよ!」

往々にして半強制的である。

とたんに憂鬱になる。

 

そこそこの人数だから宴会場の席はくじ引きで決めるんだ。

くじ引きの箱を見るだけで心臓が口から飛び出そうになる。

わかるかい?

“あ~~あの人の隣になったらどおしよう……”って思う人の隣になっちまったときのあの気持ち!

見事くじ運にまで見放される 😡

 

宴会が始まるまでの妙な間(ま)が持たない。

そわそわキョロキョロ落ち着かない。

テキトーに話を合わせる。

頭ん中ではひたすら ”早く帰りたいなー” ”ネット見たいなー”

 

会社の飲み会は孤独感を高める

 

宴会が始まる。

ガチャガチャうるさい。

話がよく聞こえない。

つうかそもそも話が合わない。

 

つまらないと思ってることを悟られたくないから、

愛想笑いしてみる。

そんな自分を気持ち悪いと思う。

 

疎外感。

一人でいるときよりもっと孤独を感じる。

 

やっぱり話が合わない。

食べることに集中してみる。

よく味わからない。

 

飲み会やって仲間同士の親睦を図るって!?

飲み会やらなくても仲良しは仲良しだし、合わないものは合わないよ。

飲み会で職場環境改善されるのならそんなイイことはない。

業績は変わらない。

 

スポンサーリンク

 

会社の飲み会に出なきゃいけないという思い込み

 

特に新人のころは上司の誘いをなかなか断れない。

断ったら何言われるか、どう思われるかが怖い。

出世に響くと思ってしまう。

ホントにそうかな?

未だにそういう風潮あるの?

ホントはそんなのないんじゃないの?

 

アルコールが入らなきゃ本音が言えないって??

そうかな~~

そうは思わないな~

その人との関係性だと思うな~

アルコールが入らなくても言いたいときに本音が言える信頼関係を築いてるかどうかだと思う。

 

『会社の飲み会には出ないといけない』という思い込みが強いだけ。

上司も部下も。

 

〇〇するべきだ、〇〇するのが当たり前だ、のような固定観念は捨てたい。

捨てればもっと自由になれる。

 

それはわがままか?

わがままではいけないか?

なぜわがままがいけない??

 

わがままでもいいではないか。

人生って思ったよりあっけないんだ。

人間てすぐ死んじゃうんだよ。

 

だからなるべくやりたいことをやるようにしたい。

 

会社の飲み会が嫌いな人いっぱい

 

県外の男友達から『会社の飲み会が嫌いでさー』と連絡がきた。

そして組織に縛られない人が登場してる動画を送ってくれた。

そこには関東方面に住む若者が映ってた。

関東の外れの過疎地に一人で住み、半自給自足を楽しんでる。

その若者の言うセリフがイケてた。

「カラオケとか飲み会とかの遊び方に魅力を感じないんです」

おーーー!  ここにも仲間発見!

 

決めた!

『会社の飲み会が嫌いな人』と飲みに行こう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

文章で説得するのはもう古い。 気付いたら買っていた現象を意図的に作り出す、心理誘導ライティング技術。

もっと自由に魅惑的に人生をデザインしよう

2 件のコメント

  • そして組織に縛られない人が登場してる動画

    とありますが、url おしえていただけませんか?

    私も会社の飲み会嫌いです。

    飲み会で団結力を確認する必要性はないっすね

    • ずっこちゃん 様

      初コメントありがとうございます☆

      ユニークなハンドルネームですね
      早くも『会社の飲み会嫌い派』の登場で嬉しい限りです。

      URLはあとで直接連絡しますね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    はじめまして。 管理人のミオレナと申します。 本業は金融関係の営業です。 日々いろいろなかたとお会いする中で "お客様に喜んでいただくには どんなbenefits(益)を提供すればよいのだろう" ばかり考えております。 人が求めているのは 『モノ』自体ではなく それを通して得られるbenefitsであることがわかります。 自分はもちろん 自分と関わってるたくさんの人たちの生活→人生が 今よりほんのちょっとでも良くなってほしい。 そんな想いで 暮らしやお金にまつわるお役立ち情報を発信していきたいと思いますので どうぞよろしくお願いいたします。