色気を出すには〇〇して〇〇しないこと

小学生のころクラスの女の子から「色っぽい」と言われたことがある。50歳をすぎてなお言われてるんだが不思議だ。自覚はまるでない。むしろ男以上に男っぽいと思ってる。外でミニスカ履かないし媚びたことないのになぜそう言われるのか。そもそも色気とはなにか 考察してみた。

色気とはどういうことでしょう?

こんばんは ミオレナです。

トップ画像は遺影です。ウソです。

50歳も数年過ぎてくると人生のゴールを意識するようになるんですよ。このブログもそうですが、自分が生きた証を残しておきたい気持ちが強くなってきました。

さっきから娘がお祭りに出かけてしまって自宅には誰もいないから自分で撮りました。まむし指の親指を撮って以来の自撮りでっせー😊

脚のムダ毛の処理は2か月くらいやってない! もうあまり生えなくなってくるのよ~~!!

 

さて今日は初めて『色気』について考えてみたい。

あなたの職場やクラスに一人や二人いませんか? 色っぽいなと思う人。

あなたが色気を感じる人とはどういう人でしょう?

いつも肩とか脚とか出す服装してる人?

髪をかきあげる仕草がキマってる人?

トロ~んとした目つきの人?

甘え上手な人?

ハスキーな声の人?

ボディコンが似合う人?

一般的に思われてる色気とは肌の露出だったり、濃いメーク、くねくねした態度といった”性的”なものが多いですよね。

だから “色気=性的アピール”のような図式ができあがってて、特に日本では色気はあまり良くないイメージがあります。

でも色っぽいな~と感じる人って実際はそういうのとはちょっと違う。

 

例えばうちの職場にいる50代半ばの小柄な女性Sさん。

仕事ができるのはもちろん男受けもいいです。

すごーーく美人て感じではないんですが雰囲気がキレイ

いつも身なりや髪の毛をきちんと小奇麗にしてて指先もキレイです。

そんなSさんをなぜ色っぽいと思うのか考察してみます。

 

1. 色気がある人はゆっくり喋ってゆっくり動く

意外でしょ?  この理由。

Sさんが自分で意識してるかどうか、とにかく話し方がゆっくりなんです。声のトーンも決して高くなくて落ち着いてます。

早口の私からするとホントにうらやましいくらい話し方がゆっくり。

話す内容はどちらかというとビジネスライクで女々しくないです。

ゆっくり話すとすべてに余裕を感じさせます。相手を包み込むような温かさも醸し出します。少しずつ真似したいです。

 

この記事を読んだ友よ!  

おいらがうっかり早口になったら注意してちょーだい!

 

あとね、Sさんは歩き方もゆっくりなんです。

毎日が戦争のように忙しい業務なのに、めったに小走りする姿を見たことがない。  ヒールをコツコツ鳴らして優雅に歩きます。

落ち着いて動くためにはなにごとも前倒しでやって準備を万全にしておくことも必要になってきます。ということはゆっくり動けば仕事もできるようになるかもしれません。

だから仕事のできる社長さんたちって落ち着いてるんですね。

今日から意識的にスローペースでいきます。

 

友よ!  おいらがすぐに電話に出なかったらごめんよ。

 

2. 色っぽい人は上昇志向

Sさんはプラス思考です。 マイナスなことは言わないしやりたがりません。

マイナス思考の人を好きではありません。 周りにどう思われようがマイペースでひたすら目標に向かっていきます。

照準を上へ上へ合わせることにより、つきあう仲間もレベルが高まります。結果的に会社からの評価も高まり自信にもつながります。

Sさんは自分のことをよくわかってるんですね。

自己肯定感が強いから内面だけでなく外見も磨かれてくるんだと思います。

 

つい自己否定のことばを発してしまうおいらに対していつも叱責してくれる友よ!    わかったよ。もう否定的な言葉は吐かないよ!

スポンサーリンク

男まさりのミオレナがなぜ色気があると言われる?

12分間考えてみました。

わかりませんでした。 そこで男友達に聞いてみました。

「ねーねー私スケスケの服も着ないし、バストも小さいし、言葉遣いも悪いし、ブッサイクなのにどうして色っぽいと思うの?」

男友達A :「うーん、脚かな」

“なんだ、そこかよ~”

男友達B :「感性」

“おーー それはなんとなく嬉しいな。そういう視点を持ってるあんたがステキ”

男友達C :「雰囲気かな」

“どんな雰囲気やねん!?”

女友達A : 「う~ん雰囲気かな」

“また雰囲気だって~!”

女友達B : 「ミステリアスなところ」

“おーーつかみどころがないとはよく言われるが……”

 

以上とりあえず5人に聞いてみました。 インタビューしてみても結局自分のどこが色っぽいのかわかりませんでした。

色気とはなにかについてのあとがき

色っぽさといやらしさは似てるようで違う。色気がないよりはあったほうがだんぜんモテます!

デメリットがあるとするなら『誤解されやすい』ことでしょう。異性とただの友達同士なのにそれ以上だと疑われてしまいがちです。

 

色っぽさは生まれつきでなく、自分で作ることができます。

とはいえゆっくり話して、ゆっくり歩いて、声のトーンを落として、自己肯定力を高めたとしても色っぽく見えない人もいるでしょう。

真のお色気は小手先の真似で出せるものでもなく、その人の根本的な考え方や生き様が大きく関わってる気がします。

そして、色っぽいな~と思う人を見てわかった共通点は『自分が色っぽいということを意識してないこと』つまり自然体でわざとらしくないこと。

ん?  なんか矛盾してますね。「色気は自分で作れる」と言ったのに「自然体」??

ある程度の年齢になったらかわいらしさより色気が欲しいです。

今の日本人に足りないものはズバリ『色気』ですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

文章で説得するのはもう古い。 気付いたら買っていた現象を意図的に作り出す、心理誘導ライティング技術。

ストレスを減らして楽~に生きたい

2 件のコメント

  • ♪あ~ら、ボン、盆!な二日間でした(笑)。

    ミオレナさんは早口タイプ(≧ω≦)b。
    今度注意してあげましょう(o~-‘)b。

    女性の色気は脚の綺麗さ…背の高さにも一因するのでは?
    ちなみに私の母147cm。
    カミサン155cm。
    可愛さはあっても色気って?…(;^_^A
    私にとっては少なくとも160cm以上の女性に
    色気を感じるようです。

    ちなみに男性の場合、中年以降なら
    「お金」が物を言うのでは?
    ボンビーが続く私は諦めの境地ですf^_^;。

    • おーとも 様 

      毎度どうもありがとうございます☆

      「ミオレナさんが早口タイプ」でおーともさんと私が面識あるってバレバレ♪
      はい、早口で滑舌メチャクチャ悪いでーす

      色気には身長と脚の長さが関係するとは新しい見方ですね。殿方の目線ふむふむ。

      たしかにお金に余裕あると心にも余裕できて色気が増しそうですね。

      ホントのボンビーは自分をボンビーとは言わないのだ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    はじめまして。 管理人のミオレナと申します。 50代で長野県在住。本業は金融関係の営業です。  世の中とても便利になったのになぜか毎日の暮らしはバタバタと無駄に忙しく心の中にはいつもちょっぴり不安を抱えていませんか。 人生も半ばを過ぎてくるといろいろしんどくなり、ちょっとしたことにストレスも感じるようになりました。 どうせ一度しかない人生なのだから極力ストレスをなくしてスッキリと楽しくすごしたいです。 自分だけでなく自分と関わってるたくさんの人たちの生活→人生が、今よりほんのちょっとでもストレスフリーでhappyになってほしい。 そんな願いを込めて、独自の視点と経験でお役立ち情報を発信していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。