いらっしゃいませは要らないのでは?コンビニなどの入店時

お店に入ったとき「いらっしゃいませ」と言われないことはありますか? それを気にしますか?  私は気にしてました。 雑貨屋さんやコンビニなどではいっそのこと廃止しちゃえばいいのにと思いますよ。

スポンサーリンク

「いらっしゃいませ」と言われないことにストレス感じませんか

 

例えばコンビニ。または雑貨屋さんにフラりと入ったときに「いらっしゃいませ」と言われないことが時々あります。

え!? え!?  今入店したの気づかなかった!?

自動ドアがグイーンって開く音聞こえたでしょ!?

私より後から入ってきた人には挨拶するってどういうこと~!?

 

そんなふうに感じるのって私だけ??

たかがいらっしゃいませ。されど挨拶。

 

言われないときは内心ムッとしてややテンションダウンで店内をトボトボ……。

 

そりゃあわかってますよ。

数少ないスタッフでお店を回してるんですもん。

袋詰めしてたりレジ打ちしてるときに誰かが入店したと気づいても、突然大きな声で「いらっしゃいませ~!」なんて叫べば目の前のお客様に対して失礼です。

陰で作業してるときは気づかないこともあるでしょう。

スタッフルームに入ってるときは聞こえるわけがありません。

 

そんなお店側の事情をわかっていても、ただ単純に自分が入店したときに無言だと気分の良いものではないのです。

お店によっては機械がいらっしゃいませと言ったりしますよね 😎

気分が良くないといっても『このお店はいったいどういう教育をしてるんだ!?』という上から目線の憤慨ではなくて『自分だけスルーされたんじゃない?』の疎外感の気持ちが強いという意味です。

 

気にしすぎだよー、自意識過剰だよーと思われるかもしれませんが私はいたってマジメに気にします。

いえ、気にしてました(過去形)

自分の次に入った客に対してもいらっしゃいませを言わないのかどうか確認したりしちゃう。

 

うわ~~なんか嫌な奴だね。

こういうネチネチしたとこが顔に出ちゃって店員に挨拶をされないんじゃないか、見下されてるんじゃないか……とか余計なことまで考えてしまう。

そんなふうにいちいち考えてしまうのがけっこうストレスだったりします。

 

あ、いらっしゃいませと言われないからって別にクレームつけたりはしませんよ。

ただ心の中だけで沸々と不快感を募らせてるだけです。

photo credit: Kalexanderson sad via photopin (license)

いらっしゃいませは当たり前ではない

 

お客様がいつもごった返してるスーパーでなら、いちいち入店するときにいらっしゃいませと言われなくても全然いいんです。お客様全員に言うなんて不可能とわかってますから。

ただしスーパーであっても入店時にいらっしゃいませが無くても、客とすれ違ったときや同じ場所に居合わせたときは挨拶が欲しい。

「いらっしゃいませ」と言われれば私は必ず「こんにちは」と返しますから。

例えば狭い道で誰かとすれ違うとき、無言で済ますのではなく自然と挨拶をかわすほうが気持ちがいいですよね。それと似た感じ。

 

入店時にいらっしゃいませがなくてもいいのはスーパーで、コンビニや雑貨屋さんだと話が違う。

 

なぜだろう??

スーパーよりは客が少なくて余計に自分が認識されてる意識が強くなってしまうからかしらん??

 

スーパーよりはお客の数が少ないコンビニや雑貨屋さんでも、スタッフが全てのお客の入店に気づけるわけではない。

スタッフはいらっしゃいませと言いたくても言えない状況なのかもしれない。

言わないのが店長の教育方針なのかもしれない。

 

ならば「いらっしゃいませ」がないことにいちいち腹を立てるのはストレスが溜まるだけだから気にするのをやめようと思いました。

そして海外ではどうなんだろう とアメリカ西部に住む友人に聞いてみました。

するとこんな答えが返ってきましたよ。

「こっちのコンビニはいらっしゃいませのいの字も言わないよ!  どこもやる気のない店員のオンパレード。 物を買ってもこちらがサンキューと去って行く。店員はサンキューも言わないよ」

 

アハハ。いかにもアメリカらしいと私は返信しました。

 

ネットで調べると、日本ではコンビニなどでいらっしゃいませを言われないと不快になる人の声をよく見かけます。

『店員がいらっしゃいませを言うのはあたりまえだ!』とか『店の教育がなってない!』とか。

 

ん?

コンビニに入店していらっしゃいませがあるのはあたりまえ??

 

それってもしかして日本の話じゃない?

 

現に友人の住むアメリカの某地域では言われないのがあたりまえだとわかった。

以前聞いた話だとヨーロッパでもあまり言わないらしい。

アフリカ人の友人によるとアフリカでも客のほうが挨拶すると。

 

だからコンビニなどで「いらっしゃいませ」と言うのは世界的に見ればあたりまえではない。

これはお店に対する認識の差かと思います。

 

海外では店主がお客に物を売ってあげるという意識が強いんだと思う。

いっぽう日本ではお客は買ってあげる、お店側はお客様に買っていただく。

 

いつからか日本では『お客様は神様です』なんていう言葉が浸透し、客の立場がうんと上になってしまいました。

ちょっとしたことでクレームをつけるモン〇〇〇客。それがいかに理不尽なクレームだろうと簡単に屈してしまう企業側。

なんだかおかしな構造になってしまい大切なものが置き去りにされてませんか。

 

いらっしゃいませより大切なことがある

 

最近ひさしぶりにブックオフに入ったとき、木霊のようないらっしゃいませにビックリしました。

入店するや一人の男性スタッフによる「いらっしゃいませこんにちは~」が終わったと思ったら、別の女性店員による「いらっしゃいませ、こんにちは~」。

さらにもう一人の女性店員が繰り返す。

最初のひとりだけならまだしも、さすがに3回も機械的に繰り返されると嬉しいよりガッカリしてしまいました。

 

ブックオフはもともとお店の雰囲気がちょっと異様だなと思ってましたが、このたびいらっしゃいませこんにちは~の連呼が加わることにより更に異様さを増してると思いました。

 

いらっしゃいませが無いと不愉快だったのに、大合唱されると逆に違和感。

いったい私は何を求めていたのだろう。

 

よくよく考えると

 

入店時のいらっしゃいませやお辞儀の角度や愛嬌なんかそれほど重要ではないのではないか。

そんなことよりお客を待たせないことのほうが大切でしょう。

こちらからの問いかけに迅速かつ的確に答える商品知識が必要でしょう。

だって「〇〇ありますか?」と尋ねてロクに探しもしないで「ありません」と答える店員が多いんですから。

「ありません」と言われてしかたなく自分で探したら5分後に店内で見つかることが何度もあるんですから。

そういうときが一番ガッカリしますね。

 

お客の要求に応えるよう最大限の努力をすることが結果的に顧客満足につながると思います。

商売の基本ができてなくて形式的な挨拶やお辞儀で穴埋めするならいっそ無くてもいいと思います。

入店時のいらっしゃいませを無くせばお客もフタッフも余計なストレスが軽減されるのでは と思いますがあなたはどう思われますか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

文章で説得するのはもう古い。 気付いたら買っていた現象を意図的に作り出す、心理誘導ライティング技術。

ストレスを減らして楽~に生きたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。 管理人のミオレナと申します。 50代で長野県在住。本業は金融関係の営業です。  世の中とても便利になったのになぜか毎日の暮らしはバタバタと無駄に忙しく心の中にはいつもちょっぴり不安を抱えていませんか。 人生も半ばを過ぎてくるといろいろしんどくなり、ちょっとしたことにストレスも感じるようになりました。 どうせ一度しかない人生なのだから極力ストレスをなくしてスッキリと楽しくすごしたいです。 自分だけでなく自分と関わってるたくさんの人たちの生活→人生が、今よりほんのちょっとでもストレスフリーでhappyになってほしい。 そんな願いを込めて、独自の視点と経験でお役立ち情報を発信していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。