電子レンジをやめてみてわかった意外なメリット

電子レンジの調子がおかしくなった。買い替えようか迷ったが、電子レンジがないと本当に困るのかどうか実験してみようと思い切って処分した。3か月経ってみて感じたメリットは、単にスペースが広くなっただけではないよ。

 

スポンサーリンク

電子レンジも処分しました

買ってからまだ5~6年しか経ってないのに、最近なんだか温まりにくいなーとは思っていました。

そのうちお皿が回転してるときにザーザーと異音がし始め、さすがにちょっと怖くなって使うのを止めることにしました。

私はもともとミニマリストでもないし、電磁波を極度に怖がるような健康オタクでもありません。 今回はたまたま電子レンジが不調になってきたから処分したというお話です。

処分するといってもティッシュをポイと捨てるみたいに気軽に捨てられないのが困ったところ。一般的に2つの方法がありますよね。

① 新しく購入する電気屋さんに引き取ってもらう

② 最寄りのリサイクル業者にお金を払って処分してもらう

 

最初は新しい電子レンジを買うつもりだったので①の方法でいこうと思ってました。 電子レンジありきの考え方だったんですね。 16歳の娘はお弁当や飲み物を頻繁に温めたりとにかく便利ですもの。

 

でもよ~~く考えてみると、昔の人は電子レンジがなくても生活してたわけです。それにレンジってけっこう大きいからキッチンのスペースを奪ってる。

そもそも我が家には炊飯器もなくて土鍋で炊いてるんだし、二槽式洗濯機で洗濯してるくらいアナログ生活なのです。

この際電子レンジもなくしてしまおっか

 

そう決めると処分する方法は前述の②になるわけです。

それがラッキーなことに私の住む地域には不用品を無料で回収する業者が2~3か月に一度回ってくるのです。

大型でない電化製品も鉄くずなども全て無料で引き取ってくれる!

あなたがお住まいの地域にもありませんか?  無料で廃品回収してくれる業者。

よく聞くのは「無料と謳ってるのに出したらお金を取られた」ということ。 そうならないために事前に何度も確認したほうがいいですよ。

 

電子レンジがないと食生活がどう変わるのか

 

我が家には炊飯器、エアコン、食洗器、全自動洗濯機、プリンターもありません。 なのに電子レンジを捨てるにあたってはかなり悩みました。 使う頻度が高めでしたから。私はいいけど娘は不便なんじゃないかなーって。

そこで前もって娘に確認しました。

 

「電子レンジ捨てようと思うんだけどいい?

 

娘「べつにぃ」

 

これで簡単にふんぎりがつきました😊

 

電子レンジがなくなりました。

 

置いてあった食器棚の中段のスペースがスッキリと空いたので、テーブルの上に散乱してたモノたちをそこに移動させました。

コップやハチミツやパスタケースなどを置くことができましたよ。

嬉しかったのは何年も前に中段の背板に貼っておいたパープルの柄の布地が見えるようになったこと。

 

さて、食べ物を温めるときはどうするのか。

お察しのとおり蒸かし器で解決です☆

下の鍋には底から2~3センチくらいの水が入っています。中火にかけてその水を沸かして上段に入れた食べ物を温めます。

特にご飯は電子レンジでチンするより5倍以上は美味しいです☆

 

そうはいってもこんなに大きな蒸かし器がないときは……

ご飯2杯分くらいならトースターで温めることもできるんですよ!

これは最近発見しました。

やってみるまでは『ご飯がカリカリに焼けちゃうんじゃないの??』と思い込んでましたが、そんなことはありません。

スイッチの入れ方を工夫することで、そこそこ温かいご飯になるのです。(↓汚い食べカスたちには目をつむってくださいませ)

①まず茶碗かお皿に冷たいご飯を入れます。

②メモリを2分にして一度温めます。

③チンと鳴ったらさらに2分温めます。

④すぐにドアを開けないで1分経ってから開けます。

 

そうするとそうすると……表面はちょっぴりパサパサしてる部分もあったりしますが、ご飯の下のほうまでちゃんと温まってるから驚き 😯

美味しさを追求せずひたすら温めたいというときに使える方法発見です☆

 

こういうちょっとしたご飯やおかずのときはいいけど、コンビニのお弁当を温めるときはどうするの?

 

そこが一番気がかりでした。娘はズボラだからコンビニ弁当をわざわざお皿に移して蒸かしてなんてやらないだろーなー。

ですので出来合いのお弁当を極力買わないように決めました。

もしどうしても市販のお弁当を食べる必要性に迫られたら、お店で強めに温めてもらって速攻家に帰って食べるようにしました😊

 

3か月たった結果、私も娘も出来合いのお弁当を買うことがほとんどなくなったんですよ。

これは健康的にもかなり良い結果でしょ?

それと、冷めても美味しいご飯を作ることが多くなりました。

例えば炊き込みご飯。

家にある材料、にんじん・油揚げ・ごぼう・きぬさや・焼き鮭・きのこなどを小さく刻んで調味料を入れて炊き込みます。

特にごぼうを入れるとメチャクチャ美味しくなるんです。

炊き込みご飯だと他にあまりおかずが要らないので、タッパーに詰めてお弁当にもなります。

冷めても美味しい。 子どもも白いご飯より喜んで食べるようになりました。

 

電子レンジがなくなって良かったことをまとめると

 

1. スペースが空いてスッキリした

2. 電子レンジの内部や回転トレーの汚れを気にしないで済む

3. 市販のお弁当を買わなくなった

4. 炊き込みご飯など冷めても美味しいご飯を工夫するようになった

5. トースターの新たな使いかたを発見した

6. ラップの減りが遅くなった

 

あれば便利だけれどなければないで今のところなんとかやっていってます。

 

電子レンジだけでなく、ふつうあって当たり前な家電製品が我が家からだんだん消えていく……

ストレスを感じるモノやことを生活の中から少しずつ取り除いてスッキリ楽しく暮らしたいものです。

 

よろしければこちらもどうぞ↓

スポンサーリンク

スポンサーリンク

文章で説得するのはもう古い。 気付いたら買っていた現象を意図的に作り出す、心理誘導ライティング技術。

ストレスを減らして楽~に生きたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。 管理人のミオレナと申します。 50代で長野県在住。本業は金融関係の営業です。  世の中とても便利になったのになぜか毎日の暮らしはバタバタと無駄に忙しく心の中にはいつもちょっぴり不安を抱えていませんか。 人生も半ばを過ぎてくるといろいろしんどくなり、ちょっとしたことにストレスも感じるようになりました。 どうせ一度しかない人生なのだから極力ストレスをなくしてスッキリと楽しくすごしたいです。 自分だけでなく自分と関わってるたくさんの人たちの生活→人生が、今よりほんのちょっとでもストレスフリーでhappyになってほしい。 そんな願いを込めて、独自の視点と経験でお役立ち情報を発信していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。