電気代節約~~目指せ1000円以下!全体編 

電気代を節約するために、ひとつひとつの家電の使い方を工夫しながら

同時に全般的な節約も考えていきたいと思います。

 

26116345932_fffee08a72     photo credit: 13amp via <ahref=”http://photopin.com”>photopin (license)

スポンサーリンク

 

契約電力を決める

 

パート1でも触れたように、自分の家ではどの契約プランが

適用されてるかを確認することが第一歩となりそうです。

 

では、どのようにプランを決めたらいいのでしょうか。

このあたりは電力会社のHPを見てもあまり載ってないそうなので

目安となる考え方の基本をみていきます。

 

30Aとは30アンペアのこと。 イコール3000Wと考えます。

 

例えば5.5合炊きの炊飯器でごはんを炊くと、約1300W電力消費してしまいます。

同時に1200Wのドライヤーを使い、さらに700Wの電子レンジで何かを温めると

13A+12A+7A=32Aとなり、仮に契約が20Aとすると、

12Aもオーバーするのでブレーカーが落ちてしまいます。

 

炊飯器もドライヤーもレンジも、常時使ってるわけではないので

時間をズラして使うなど工夫して使う必要がありそうです。

 

700Wのエアコンをつけっぱなしにしてる場合、15Aだと、掃除機の強弱によっては

ブレーカーが落ちるかもしれません。

冷蔵庫は約250Wで、常時使ってることも計算に入れないといけません。

 

このように、常時使う家電製品の消費電力と、一時的に使う電気量を意識し

普段どう使ってるかを確認して契約電力を決めましょう。

 

家電製品の容量の目安

   家電製品  電気容量(kwh)
IHクッキングヒーター 2000~3000
炊飯器5.5合炊き 1300 (炊飯時)
ドライヤー 1200
アイロン 1200~1400
掃除機 200~1000
エアコン 600~700

 

基本料金とブレーカーのスイッチの色

 

家に設置されてるブレーカーのスイッチの色が、契約アンペアによって異なる

ということは知りませんでした。

 

中部電力の場合、20Aだったら黄色だそうです。

すぐに玄関に行って確認したら、ホントに黄色で、ちょっと感激しました。
電力会社によって色が異なる、ということも面白いですね。

 

中部電力の場合

WS000011

 

スポンサーリンク

 

待機電力を減らす

 

使ってない家電製品のコンセントを抜くと節約になる、ということはご存知のとおり。

家庭の全消費電力のうち、待機電力の占める割合は約5.1%といわれています。

 

ではむ、そもそも待機電力の定義とは何でしょうか。

『機器が未使用状態、もしくは何らかの命令指示待ちの時に定期的に消費している電力』

とのこと。

待機時消費電力量機器別構成比

WS000012

平成24年度 エネルギー使用合理化促進基盤整備事業

(待機時消費量電力調査)報告書 より

 

待機時消費電力量が多い機器は、ガス温水器、テレビ、冷暖房兼用エアコン、

電話機、HDD、DVDレコーダーであることがわかります。

意外にも、温水洗浄便座の消費量が大きいですね。

 

コンセントをこまめに抜き挿しするのが面倒だという場合は、

エコタップを使うのもよいでしょう。

WS000042

スポンサーリンク

文章で説得するのはもう古い。 気付いたら買っていた現象を意図的に作り出す、心理誘導ライティング技術。

ストレスを減らして楽~に生きたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。 管理人のミオレナと申します。 50代で長野県在住。本業は金融関係の営業です。  世の中とても便利になったのになぜか毎日の暮らしはバタバタと無駄に忙しく心の中にはいつもちょっぴり不安を抱えていませんか。 人生も半ばを過ぎてくるといろいろしんどくなり、ちょっとしたことにストレスも感じるようになりました。 どうせ一度しかない人生なのだから極力ストレスをなくしてスッキリと楽しくすごしたいです。 自分だけでなく自分と関わってるたくさんの人たちの生活→人生が、今よりほんのちょっとでもストレスフリーでhappyになってほしい。 そんな願いを込めて、独自の視点と経験でお役立ち情報を発信していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。