電気代節約~~目指せ1000円以下!マインド編

チマチマと節約するのはもともとあまり好きではない私ですが

いろんなモノを断捨離し始めたところで、家計もしっかり見つめてみよう

と思います。 まずは電気代から。 限りなくゼロに近づけていきたいのですが…

26116345932_fffee08a72    photo credit: 13amp via <ahref=”http://photopin.com”>photopin (license)

 

スポンサーリンク

我が家の電気代 いったいどれくらいかかってる?

 

恥ずかしながら家計簿をつけたことが一度もありません。

通帳すらまともに見たこともないくらい、お金の流れに無頓着であります。

それでも、特に困ったことがないのは、たまたまラッキーだったのでしょう。

 

以下は、平成27年4月~平成28年3月の、我が家の電気代の推移です。

 

平成27年度の電気代

中部電力  従量電灯B  契約電流 20A  3LDK エアコンなし  

 月  4月  5月  6月  7月  8月  9月 10月 11月  12月  1月  2月  3月
量(kwh 129 115  85   93  117   91   97  108  114  198  160  134
料 金 3524 3208 2449 2528 2932 2323 2415 2641 2773 4749 3821 3169

 

冬場はやや料金が上がってるものの、年間通じてさほど大きな変化はない

ことがわかります。

ちなみに、料金の内訳はこうなっています。

 

< 平成28年3月の場合 >

請求金額  3,169円(内消費税234円)

基本料金      561.6円

1段料金     2481.6円

2段料金     351.12円

燃料費調整額   -435.5円

再エネ発電促進賦課金  211円

中部電力の従量電灯B 20Aの基本料金は561.6円と書いてあります。

 

ここでまず、従量電灯について調べてみると、A~Cまであることがわかりました。

 

中部電力の基本料金

WS000008

(中部電力ホームページより)

 

電気代を削減するために、契約電流を、例えば30→20Aに下げる

という話はよく聞きます。

そうではなくて、従量電灯をBからAに変更することはできないのでしょうか。

 

契約電流を変えることはできる?

 

この発想に至ったのは、たまたま見つけた『できた! 電気代600円生活』

の著者、はらみづほさんの記事がきっかけです。

 

はらさんは北海道でマンション暮らしをしており、家電を極力少なくし

自宅に、自前の太陽光発電システムを設置しています。

 

本のタイトルには600円と書いてありますが、実際2013年8月の電気料は238円であり、

そのときの明細書がネットに掲載されているのです。

よく見ると『従量電灯A』、と記載されてるのがわかります。

 

私は、この驚異的な電気代だけでなく、はらさんがエコ生活をしようと

思ったきっかけと考え方によりいっそう感銘を受けました。

スポンサーリンク

 

マルチプランナー はらみづほさんの影響を受けて

 

大手広告代理店に勤めていたはらさんは、10年たった1997年の夏に退職して

幼いころからの夢だった、世界一周旅行の旅へ出かけました。

 

そこで感じた、度肝を抜かれるほどの人と自然のダイナミックさ。

腹の底からエネルギーが湧きあがってくるような感動の連続。

 

そして、中東パレスチナ自治区でのイスラエル兵との対話の中から、

戦争の本当の理由を必死に探し求め、結局次のように思い至ったのです。

 

エネルギーの大量消費とコミュニケーションの断絶が戦争の根源ではないか』と。

 

節約が世界平和に貢献している?

 

そう考えると、節約することは単にお金が浮くだけのメリットではなく、

長い目でみて、平和な世界を作る一歩とも言えると思います。

 

”従量電灯をBからAに変える”、”契約容量のアンペアを落とす”

など具体的な行動の裏に、『資源は有限であり、生態系に生かされてることを常に意識し

感謝しながら大切に暮らすことが、ひいては全体の豊かさにつながる』

といった強い考えが根底にないと、もし今後電気代がうーーんと安くなったとき、

”安いんだからジャンジャン使っちゃえ” と、いたずらに無駄に消費してしまうでしょう。

それは元の黙阿弥。

 

ちょっと話がズレました?

 

あとがき

 

暗~く我慢をしながらではなく、工夫したり楽しみながら節約をしていきたいですね。

 

パート2では具体的な実践を中心に書きます。

スポンサーリンク

文章で説得するのはもう古い。 気付いたら買っていた現象を意図的に作り出す、心理誘導ライティング技術。

ストレスを減らして楽~に生きたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。 管理人のミオレナと申します。 50代で長野県在住。本業は金融関係の営業です。  世の中とても便利になったのになぜか毎日の暮らしはバタバタと無駄に忙しく心の中にはいつもちょっぴり不安を抱えていませんか。 人生も半ばを過ぎてくるといろいろしんどくなり、ちょっとしたことにストレスも感じるようになりました。 どうせ一度しかない人生なのだから極力ストレスをなくしてスッキリと楽しくすごしたいです。 自分だけでなく自分と関わってるたくさんの人たちの生活→人生が、今よりほんのちょっとでもストレスフリーでhappyになってほしい。 そんな願いを込めて、独自の視点と経験でお役立ち情報を発信していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。