批判コメントが来たので晒(さら)させていただきます。

ブログを1年半も続けてるとアンチコメント(批判コメント)が来るもんなんですねえ。承認しないでおくか削除しようかなーと思ったのですが、ちょっと見過ごせない部分もあったので記事にして公開することにしました。

photo credit: kristin wolff interview via photopin (license)

アンチコメントが来ました

こんばんは ミオレナです。

ついに来ました批判コメント!  当ブログの中でもめったに読まれない過去記事「ハーフの子」にとても気になるコメントが付いていました。

よくある、ちょっとしたミスの指摘やバカヤロー!みたいな冷やかしじゃなくスルーできない内容だったのでブログネタにすることにしました。

『ハーフの子』の記事の概略はこんな感じです。

“最近あちこちでハーフを見かけることが多くなり調べてみたら国際結婚も増えている。私の娘もハーフであるが、特にイジメられたという経験もなく不自由に感じたことは名前の表記くらいかなー” という内容。

同じようにハーフの子どもを持つ人たちにちょっとしたエールを送る気持ちも込めて書いたのです。うちの娘が日本人とどこの国のハーフであるかも全く書いてないですし、娘の写真を載せるはずもありません。

↓ 以下、批判コメントをそのまま載せます。

貴方のような方が日本の文化伝統を壊しているのです。片方が外国人なら子供が学ぶ日本文化は半分になり合理的で無い仕来りは否定され 日本の文化は衰退していく。ハーフ欲しさで白人と結婚したのなら我々 日本人は迷惑です。旦那の国に帰って子育てしたらどうですか?

(ハンドルネーム:  1111) 平成29年9月26日

この批判コメントを読んでどう思われましたか?

さっそく分析させていただきますよ。

まっさきに思ったことは

これは私個人に宛ててるものではなく、特に白人と結婚した日本女性全員に向けて書いている ということ。

そして、なんて思い込みが激しいんだろってこと。

 

あのですねーハンドルネーム1111さん!  あなたにいったい私のなにが解るというのでしょう!?

いったいどこに「白人」なんて書いてあるのかしら!? 娘は白人とのハーフじゃないですよ。 娘の父親の国とか肌の色なんてどうでもいいからブログに書かなかっただけですよ。

たしかにサムネイル画像に写ってる女の子は白人ですね。この画像は海外のフリー素材からお借りしてまして、ちゃんと写真の下にフォトクレジットも表記してたはずです。

とはいえパッと見、この画像が素材から借りてるかどうかなんて一般の読者にわかりづらかったとしたら申し訳なかったです。ですので(↑ この画像はフリー素材よりお借りしています)と注釈を加えました。

 

「ハーフ欲しさに白人と結婚した」とありますが、ワルいけど笑っちゃいました。近頃はハーフが欲しくて外国人と結婚する日本人女性もチラホラいることは噂で聞いたことはあります。そういう女性と私が同じだと決めつけたのですね。そんなこと記事のどこに書いてあるんでしょうかねえ。

私がダンナ(白人ではない)とどうやって知り合い、どちらが積極的にアプローチして、どのような経緯で娘が生まれ、その後私たちがどんな道を歩んできたのか、1111さんには1ミリもわからないでしょう。

まあそんな個人的な細かいことなんか話す必要もないですけど。

1111さんはずいぶん想像力たくましいんですねえ。

 

一番引っかかったのは「国際結婚が日本の文化を壊す」の部分。

これには驚きました。具体的にどうやって日本文化を壊すのですか??   外国の人と一緒になることによって日本の伝統文化を壊した実例がどこかにあるんでしょうか?

 

もーなんだか意味がわかりませんし、そういう発想が出ることにビックリしてしまいますよ。

 

この批判コメントをしてきた人の人物像予測

1. ハーフ(特に白人)の可愛い子どもが妬ましくてしかたない日本人の子どもを持つ女性。

2. アンチコメントする割には言葉遣いが丁寧なので、ちょっとイイところの奥様。

3. 本当は恵まれてるのに、他人と比べてでしか価値を測れないからいつも心が満ち足りてない。

4. ハンドルネームを4ケタの数字にしてるところから、批判コメントすることに若干の罪悪感を感じてる。

5. 考え方、物の見方に偏りがあり狭量。

以上が批判コメント主さんに対する私の勝手な分析です。

 

批判コメントをもらってよかったこと

え~実はこのようなアンチコメントをもらってよかったと思ってます。

なぜなら過去に書いた自分の記事を再び読み返して反省すべきところは反省し、修正かけるきっかけになったから。

アンチコメントが付かなかったらおそらく何年も放置したままだったでしょう。

コメントが来るということは少なくともこのブログが読まれているということです。

サラ~っと読んで通り過ぎる人が多い中で、メルアドも入力した上でコメントを書いてくださったこと自体すごいことですよ。 そういう意味ではありがとうございましたとも言いたいですね。

 

最後に1111さん、もし娘が黒人とのハーフで、可愛くなくてメチャクチャいじめられてて貧乏で困ってる内容のブログだとしても今回と同じコメントしてきましたか?

元記事「ハーフの子」はこちら→

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

文章で説得するのはもう古い。 気付いたら買っていた現象を意図的に作り出す、心理誘導ライティング技術。

もっと自由に魅惑的に人生をデザインしよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。 管理人のミオレナと申します。 本業は金融関係の営業です。 日々いろいろなかたとお会いする中で "お客様に喜んでいただくには どんなbenefits(益)を提供すればよいのだろう" ばかり考えております。 人が求めているのは 『モノ』自体ではなく それを通して得られるbenefitsであることがわかります。 自分はもちろん 自分と関わってるたくさんの人たちの生活→人生が 今よりほんのちょっとでも良くなってほしい。 そんな想いで 暮らしやお金にまつわるお役立ち情報を発信していきたいと思いますので どうぞよろしくお願いいたします。